赤沢城
あかざわじょう

《別名》 塩崎新城 長野市篠ノ井塩崎



応永7年(1400)大塔合戦の後、信濃に入部した守護代官細川慈忠とそれに反抗した国人領主村上・大井・伴野・井上・須田氏 等が衝突し、その際に細川氏が国人層が立てこもった赤沢城を攻めたことが市河氏貞軍忠状に「塩崎新城」として記載されている。
戦国時代末期、武田氏滅亡後には上杉景勝が赤沢城直下に平城である稲荷山城を築城している。

【左】赤沢城 北東側より  長野市と千曲市との境に位置し、西下には長野自動車道、東下にはJR篠ノ井線が通る。
約3q先、千曲川対岸にある屋代城と対を成すように善光寺平への関門となっており、 上田・小県方面、松本・麻績方面からの 街道を扼する位置にある。(赤沢城から東側の眺め)

『赤沢城要図』



【左上】主郭南側切岸  南北に伸びる尾根上に郭を配しており、主郭背後(南側)には長大な竪堀が東西斜面にある。 主郭の切岸は約8mの高さがある。
【中上】主郭  南北最長部分で約20m、東西約12m。南から西側にかけて僅かだが土塁が残る。
【右上】尾根北端部の郭  主郭から約80mの距離にある。途中には郭としては形の整わない削平地が続くが、北端部には 南側に土塁を伴う大きな郭がある。
『長野市誌』によると主郭から北の西側斜面は採石場だったようで、現在は断崖となっている。

【左上】東斜面の連続竪堀  3条の竪堀が90m近く斜面を下り、途中で収斂していく壮観な眺め。
【右上】西斜面の連続竪堀  6条の畝状竪堀群が収斂し北側へ横堀状になっている。先端部は道路を通したためか、途中で切れてしまって いるようである。
両竪堀とも壮観な眺めなのだが、写真では捉えきれないのが残念。

【左上】坂城方面の眺め  千曲川上流方面となる。写真右側千曲川に突き出た尾根に荒砥城、 左側からの尾根には葛尾城がある。 その奥の平地が坂城の町。
【右上】塩崎城方面  直線で約1qの距離にある。逆に背後の尾根を行くと小坂城に連絡することができる。 (越将軍塚古墳を経由して「篠山遊歩道」が整備されている。)


〜感想〜
主郭背後にある収斂形の連続竪堀は松本市近辺の小笠原氏系の城に多く見られるが、 長野市付近では若槻山城塩崎城、 赤沢城くらいしか私は確認できていない。戦国末期に普請されたものと思われる。
だが、背後の大規模な防御施設に対して、守るべき主郭が非常に小さく、北端にある広い郭まで80m以上あるのは不思議だ。 背後にある二の郭というべき削平地は広大だが、その尾根続きである背後は一条の堀切があるのみである。
隣接する塩崎城ではそうした疑問はなく、史料上では武田氏が使用しており、武田氏がすぐ近くにある赤沢城にも大規模な普請を する必然性は感じられない。
また、西斜面にある畝状竪堀群は『長野市誌』においても「長野市域にあまり類例がない特徴的なものである」とされており、 郭における土塁構築頻度が低いことから、「主郭より北側と南側との築城年代が異なる」という見解を示されている。

上杉景勝が東側麓に稲荷山城を築城していることから、この時赤沢城にも手を加えている可能性は高い。その時には大規模な削平地は 山上に必要無く、司令塔、物見台等としての役割を担っていたのではないだろうか。 武田氏の築城手法等も在地勢力によって伝えられ、塩崎城等にも見られるような東斜面の収斂形竪堀に影響を与えたのではないか。


行き方 県道77号より長谷寺方面へ。駐車場手前を左折し、そのまま長野道の側道を稲荷山トンネル手前まで
行く。 越将軍塚古墳の案内板から徒歩で主郭まで約5分。
駐車場登り口手前100m付近に路駐スペース有り
撮影日2007年2月
更新日2007年2月20日
参考文献 『日本城郭大系』8
長野市誌編さん委員会編『長野市誌』第12巻 資料編 原始・古代・中世  長野市 1997年
信濃史学会編『信州の山城』信毎書籍出版センター 1993年
参考サイト北緯36度付近の中世城郭」 「近江の城郭