荒井館

あらいやかた

《別名》清水ヶ城




小笠原氏の一族島立氏の居城といわれる。南北朝期に小笠原氏が府中(松本)へ進出 してきた時の築城と推定される。
その後、島立右近貞永が深志城を築き、 ここより移ったとされる。
天文19年(1550)7月武田氏の侵攻時に 落城となった。
<場所>松本市島立
<行き方>国道158号東荒井信号南へ入る
約100m先右折し、約50m先右側
<駐車場>無し 路駐
<撮影日>2005年8月
<参考文献>『松本市史』第2巻歴史編T原始・古代・中世
1996年

【上】土塁跡か  現在遺構は周辺の市街化によって消滅しており、解説板が立っている部分に 土塁跡といわれる小山が残っているのみである。


城館探訪〜長野県〜へ戻る