花古屋城
 はなごやじょう

上田市上田



この城の歴史については不明だが、太郎山から南東に伸びる尾根先端部に位置し、 砥石城と虚空蔵山城との中間地点であるため、 村上氏にとって重要な城であったと思われる。
城名は端(はな)の小屋から来ているといわれるだけあって、平地に長く突き出た尾根先端上にあるため、 標高が比較的低い割には見通しが利く。

【左】南西下より主郭周辺部
尾根上の少し盛り上がった所が主郭部。そこから南東尾根上に約350mの長さで多くの郭が連なる。 堀切は主郭背後と中間に計2条が確認できる。

【左上】主郭背後の切岸  「太郎山登山 表参道」から登り、尾根に出たところから切岸が見える。堀底より約5mの高さ。 背後の堀切は西側斜面では二重竪堀となっていることが確認できる。
【右上】主郭虎口部分の石積み  主郭周囲を鉢巻状に石積みされていたと思われる。虎口部分が一番状態良く残っている。


【左上】主郭内部  内部は15×10m程度の広さ。写真ではわからないが、内部にはすり鉢状の穴があり、 かなりの面積を占めている。北側背後の土塁は内側から2m程の高さがある。
【中上】尾根中間部の郭  尾根の傾斜は非常に緩やかで、主郭から数段は郭間の切岸が2m以上あるが、次第に高さはなくなる。
【右上】尾根中間部の堀切  現在は僅かに堀切だと確認できる程度のもの。尾根両サイドと、城域先端部は急斜面となっている。


  〜感想〜
太郎山・虚空蔵山の城砦群の中では、規模の大きい部類だが、防御施設は郭主体となっており、途中には削平が不十分な所もある。 比高も比較的低く、どのような目的で使用したのかが疑問に残る。
しかし、主郭とその周辺部分だけを見れば普請はしっかりと行われており、この城の重要性はあったと思われる。


行き方国道18号上田バイパス、新田信号を東へ入る。
約1q先、黄金沢を渡る橋の手前に太郎山登山道 表参道の案内有り。
登山道から尾根に出て、すぐ左手に主郭。主郭まで約15分。
駐車場登山道入口 路駐スペース有り
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8、上田市誌編さん委員会編『室町・戦国時代の争乱』上田市誌刊行会 2001年