茨山城
いばらやまじょう

北安曇郡白馬村神城



茨山城の詳細については不明であるが、主郭は大日向佐渡の臣勘助の居城という。
弘治2年(1556)武田信玄家臣、山県昌景に攻められ落城した。〔『大系』〕


【左】茨山城 南側より
三日市場城とは谷を挟んで反対側に位置する。 南へ突き出た細長い尾根の先端部に広大な郭が一つあり、 現在は城嶺神社境内となっている。

【左上】主郭  現在の参道、境内によって遺構は破壊されているようだ。主郭西側から北側にかけて土塁が確認できるが、 境内造成の時に削り残された部分かもしれない。
【右上】南西部尾根の堀切  主郭の南西部に小尾根があり、枡形状の削平地から下ると途中に堀切が1条確認できる。 おそらくここが大手道だったと思われる。

【左上】主郭背後の切岸  北方の尾根続きは谷となっており、主郭背後は切岸となっている。 谷の東側に30m程の長さの土橋が架かるが、後世に造られたものかもしれない。その西側にマウンド状の古墳が2基並んでいる。
【右上】主郭南東側の堀切  参道によって南側は破壊されているが、2条確認できる。ただ上段の堀切は北へ進むと、主郭の 帯郭となっているため、この部分も理解に苦しむところである。


【左】茨山城麓より三日市場城方面  南方約800m先に位置する。この2城の間には善光寺平(長野市周辺地域)へ通じる道が通っている。



〜感想〜
尾根先端に広大な郭があり、背後は自然地形らしき谷によって防御し、南西、南東側の支尾根には堀切を普請し、大手道は 南西側の尾根上にあったということは推測できる。
しかし、現在の神社を造った際にかなり大がかりな造成工事を行ったようで、土塁、土橋、南東側の堀切の状態など、 当時のものなのか疑問である。
武田氏が三日市場城と連携して前面の谷を封鎖する目的で築城したという説〔「長野県・白馬村の中世城郭」〕があるが、 善光寺平とを結ぶ主要道が通っていることからすると、 砦などの施設が以前からあったことも考えられる。


行き方県道33号沿いサンサンパーク白馬の 十字路を北へ入って約200m先、
左側の車両通行止めの参道を登る。徒歩約5分で主郭。
駐車場参道前に駐車スペース有り
撮影日2006年8月
参考文献 『日本城郭大系』8
三島正之「長野県・白馬村の中世城郭」『中世城郭研究』第10号 中世城郭研究会 1996年
参考サイト城と古戦場」、 「近江の城郭