飯綱城
いいづなじょう

《別名》 甲城、赤羽兵部城 上田市秋和



虚空蔵山から南へ張り出した尾根上に位置する。 戦国期、村上氏によって築城されたと思われるが、 それ以前に在地領主によって使用された部分と二期に分けて築城されたという指摘もある。〔『室町・戦国時代の争乱』〕

【左】飯綱城 南側千曲川より  平坦な尾根が南へ張り出ており、尾根続きの北側以外は急斜面に囲まれている。 大手道は西側の谷、豊秋霧原野神社から弥陀平を経て、城域北側の尾根筋に出るルートだと考えられている。
標高約755mの南北に長い尾根で、城域の全長約450mもある大規模な城である。

【左上】城域北側堀切  北の搦手側から南へ尾根を行くと堀切が現れる。
【右上】主郭  小郭を抜けると広い削平地がある。『大系』ではここに礎石と思われる平石が並んでいるとあるが、 深い藪となっている為か、発見できなかった。

【左上】大堀切  主郭から腰郭を下がってくると、8m高程の岩壁が目前に現れる。細尾根にいきなりこれだけの大規模な堀切、岩壁 の切岸が現れると、鳥肌が立つ・・・
【右上】大堀切南側 石積み  岩壁の上は物見台的な小郭で、周囲に石積みが確認できる。


【左上】大堀切上の小郭  ここから南側は普請が大規模となり、階段状に郭が連なり、岩場を利用した堀切等、虚空蔵山、太郎山城砦群 の中では、最も壮大な部分の一つと思われる。
【中上】岩場を利用した切岸  南の尾根先端に行くと次第に斜面が急になってくる。岩場をうまく利用して郭を形成している。
【右上】塩田平方面  現在は飯綱城からは樹木の為、見通しが利かないが、麓のほうへ降りてくると正面に塩田平が広がる。


〜感想〜
高所にありながらも、普請の規模の大きいことには驚かされる。大堀切を境に南側は階段状に郭を築き、その間に大規模な堀切を数条 配置している。岩場を利用した切岸が多く見られる。
大堀切の北側は主郭部を中心に、小郭と堀切がその前後に築かれている。
『室町・戦国時代の争乱』では旧主郭として大堀切より南側の広い削平地を推定し、村上氏以前の在地領主の城があったとしている。 その後、村上義清が対武田城砦群として整備した時、南北に広げて主郭部を移したとしている。
主郭の位置は別として、大堀切を境に南側の一部だけで、縄張りが完結している印象はあり、時代の重なりがあることは考えられる。


行き方国道18号上田バイパスより、豊秋霧原野神社前を 通る林道に入る。
約3q先、右側に飯綱山(飯綱城址)の小さい案内板が有り、そこから山へ入り北へ、途中から東へ。
尾根に出たら南下。(途中で道が消えてしまうため、方位磁石、地形図必携)
もしくは林道途中に高圧線鉄塔保守道があるので、bQ0の案内に従って保守道を入る。
bQ0の尾根を北へ登る。
豊秋霧原野神社より徒歩約1時間。飯綱山案内板より約20分。
駐車場神社裏手の駐車場もしくは林道に路駐
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8、  上田市誌編さん委員会編『室町・戦国時代の争乱』上田市誌刊行会 2001年