芋川氏館
いもかわしやかた

上水内郡飯綱町芋川



平安末期、近衛家領として芋河荘が存在したことが『吾妻鏡』にみられる。
また、戸隠神社旧蔵の妙法蓮華経版木の奥書に 元亨2年(1322)5月日に「檀那芋河住次郎権守大仲臣盛家」とみえ、大中臣氏系統の人物が荘司として芋河に居住していたと 思われ、芋川氏の先祖とみられる。
荘園初期の館は現在の健翁寺の辺り、詰城としてその背後の山にある鼻見城が想定されている。その後、館をこの地に移し、 若宮城を詰城としたとされる。〔『日本歴史地名大系』〕

【左】館付近  館跡の西側に隣接して妙福寺がある。「芋川平」と呼ばれる開けた地のほぼ中央に位置し、 「ほりのうち」と称される地にある。館の西側には南北に飯山道が通り、その先西側の山頂に鼻見城がある。

【左上】西側堀跡  内部は現在民家となっている。堀、土塁が北、西側にL字形に残っている。
【右上】北側土塁・堀跡  館跡は東西約80m、南北約90mの大きさと推定されている。

【左上】館南側より西側に隣接している妙福寺  解説板が南側に立っている。
【右上】鼻見城山方面  若宮城が築城される以前の詰城といわれる。


〜感想〜
現在確認できる堀跡は北・西側それぞれ20m程なので、その延長部分は消滅してしまったようである。 しかし、これだけでも残存していればなかなか見ごたえはある。
「芋川平」と呼ばれていることからわかるように、牟礼方面から登ってくると、突然開けた高原状の地に出る。 そのど真ん中に館が位置しており、 芋川氏が荘司から在地領主として成長してきた過程において、この地に館を構えたと思われる。


行き方県道60号沿い、妙福寺西側。
駐車場無し 路駐
撮影日2006年12月
更新日2006年12月8日
参考文献 『日本城郭大系』8
『日本歴史地名大系』20長野県の地名 平凡社 1979年
参考サイト城と古戦場