城館探訪 〜長野県〜

           



〜長野地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
飯山市飯山上杉氏の北信濃における戦略的拠点本丸石垣と復元城門
飯山市静間静間氏の館か 信玄信濃侵攻の際、高梨氏が前線基地として使用した可能性もある発掘調査はされたが、遺構らしい遺構は見られない
飯山市静間平安時代末期の静間氏の館といわれる現在静間神社境内 土塁の一部が残存する
飯山市常磐竹内源内の館といわれる外側を取り巻く土塁、堀がよく残っている
飯山市蓮武田方の飯山城攻撃の最前線拠点二の郭の複雑な構成と麓の空堀
須坂市井上信濃源氏井上氏の拠点中世初期の形態を残した遺構群
須坂市臥竜戦国時代初期に付近一帯を支配した須田氏の居城城下の地割りされた形跡
須坂市日滝須田氏の初期の居館蓮生寺背後の段郭
千曲市上山田城山葛尾城落城後村上氏から武田氏、屋代氏の支配へ復元された建築物
千曲市倉科倉科氏築城といわれるが詳細は不明主郭下の武者返し状に反り返る巨大な石垣
千曲市土口・生萱雨宮氏または生仁氏の詰城か屋代方面の眺め
千曲市屋代屋代氏が要害の地を求め築城三の郭土塁と主郭下の石積み
中野市小館北信濃の雄族高梨氏の拠点中世では例が少ない、庭園が確認できる館跡
中野市大字中野字大平山高梨氏の詰めの城比高300m、尾根上に500m侮らないでネ
中野市上今井構築年代は不明であるが、江戸時代後期に飯山藩の本陣として利用された堀、土塁が現存し、馬蹄形をなす北信濃の特徴的な館の造り
中野市豊津信玄の飯山城攻略の基地見事に残る腰郭
中野市壁田替佐、蓮と並ぶ武田方の城 対飯山城攻撃の拠点交通の要所とわかる眺め
長野市大岡乙牧之島城と麻績城とを結ぶ伝えの城非常に良い状態で残っている丸馬出し、空堀
長野市大岡甲犀川筋の見張り、のろし台か犀川筋から大岡方面までの見晴らしの良さ
長野市篠ノ井会木曽義仲時代から武田信玄時代まで使用された千曲川の要衝水路でわかる城域
長野市篠ノ井塩崎大塔合戦後、村上氏等国人領主が拠った城、戦国末期には上杉景勝が改修か壮大な収斂形の竪堀群
長野市篠ノ井塩崎武田氏の善光寺平進出の拠点壮大な収斂形の竪堀群、北斜面の石塁、横堀
長野市篠ノ井二ツ柳大塔合戦時、守護方が逃げ込んだ「大塔古要害」の比定地の一つ黄金沢の侵食に守られた地形と背後の僅かに残る遺構
長野市信更町赤田詳細不明 塩崎城と和田城とのつなぎの城か西の城の横、竪堀
長野市信更町上尾牧之島城副将平林氏の居城主郭を囲む土塁と背後の大空堀
長野市信更町田野口詳細不明 田野口氏から武田氏によって改修・拡大か壮大な二重空堀
長野市長野箱清水謙信が旭山城の付け城として造ったのではないか?遺構を破壊した模擬天守は? 展望はいいかも
長野市箱清水善光寺東隣に位置する政治的要地旭山城、葛山城、大峰城が見渡せる
長野市平柴川中島の戦いで重要なポイントとなった城総石垣かと思わせる造り 機能的な縄張り
長野市穂保川中島の戦い以後の対上杉 越後国境攻防用基地遺構はほとんど無し 土塁の一部が残るのみ
長野市松代町大室大室氏の居城近代城郭を思わせるような石垣の城
長野市松代町清野清野氏から武田・上杉氏へ 鞍骨城支城群の中心鞍骨城の石積み 歩けば各支城との位置、距離感がよくわかる・・・
長野市松代町西条鞍骨城支城群から海津城の南背後の防御へいつの時代かわからない物も含めた石垣の城
長野市松代町東条東条氏から武田氏へ 善光寺平進出の拠点西端部の堀切・竪堀、城裏城の北斜面竪堀群
長野市松代町東寺尾寺尾氏一族の金井氏の居城か巨石を上手く利用した大堀切
長野市松代町東寺尾寺尾氏の居城から海津城の防御拠点へ主郭を囲む土塁、尾根上に続く大堀切
長野市松代町松代信玄の対謙信、北信濃の防御拠点真田宝物館、真田邸など藩政時代の文化財
<付 長国寺(真田家菩提寺)>
長野市茂菅謙信が旭山城の付け城として造った東尾根上の竪堀群
長野市若槻団地信濃源氏若槻氏の居館、後に高梨氏の支配下に住宅街の中にわずかに残る堀跡
長野市若槻東条若槻氏・高梨氏の詰城から武田氏・上杉氏の要塞へ山城の収斂形竪堀、番所の連続堀切、堂沢の横堀
長野市若槻西条善光寺平北方入口の要衝 武田・上杉両氏の前線北・西斜面の大規模な堀を駆使した縄張り
上高井郡高山村堀之内七本槍の一人だった福島氏が安芸から移封させられた場所<付 火葬場、岩松院(福島政則霊廟)>
上水内郡飯綱町芋川芋川荘の荘司から在地領主となった芋川氏の館北・西辺に残る堀、土塁
上水内郡飯綱町芋川武田氏・上杉氏領国境目の城麓の長大な横堀
上水内郡飯綱町牟礼上杉景勝時代の北信濃の戦略基地運河や舟入り施設があった貴重な遺構が残る城
上水内郡信濃町野尻信越国境に位置し、武田信玄と上杉謙信との争奪戦が展開した野尻湖に浮かぶ島の要塞
上水内郡信濃町野尻上杉軍が武田軍から野尻城を奪い返した後、野尻城を拡張整備した時造られた二の郭と外桝形付近の縄張り
上水内郡信州新町牧野島武田氏侵攻以前の香坂氏の城遺構見あたらず 東側の耕作地は段郭跡か
上水内郡信州新町牧野島馬場信房縄張り武田特有の丸馬出しと三日月堀
上水内郡中条村上清水信玄の信越国境への裏道拠点城下の水道施設跡
埴科郡坂城町坂城北信濃最大勢力を誇った村上氏の本城主郭からの絶景、西側中腹の段郭状削平地の石積み
<付 笄の渡し>
埴科郡坂城町坂城葛尾城南東麓にある居館跡村上氏菩提寺の満泉寺と北側に残る土塁
<付 光源寺(義清建立供養塔)>
埴科郡坂城町南条村上氏の境城、その後戦国末期まで使用された主郭からの絶景。主郭が烽火台として使用された時のものと言われる土塁、石積み


〜松本・安曇地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
安曇野市豊科光海野氏の一族光氏の居城標高912m山頂から見るパノラマ
安曇野市穂高有明仁科氏の南側守備の拠点三の郭下南側に残る空堀
大町市大町信濃の名族仁科氏の居館跡居館北側の外掘跡
大町市平信濃の名族仁科氏から武田氏、小笠原氏が使用主郭北側の切岸と南側の堀跡
塩尻市片丘小笠原氏築城後、信玄の松本平侵攻の一拠点となる松本地方には珍しい縄張り 主郭周囲の大規模な堀
塩尻市片丘南熊井集落の領主館だったが、信玄が侵攻後、拠点の一つとなる周囲の大規模な堀
塩尻市上西条、中西条、下西条詳細不明 小笠原氏一族 西条氏の拠点か尾根上に3つの城がつづく大スケール
塩尻市下西条詳細不明 小笠原氏一族 西条氏の支城と思われる 車道が一部を破壊しているが、防御意図がはっきりわかる遺構
塩尻市洗馬塩尻峠の戦いで小笠原氏から離反した三村氏の本拠長大な竪堀と北斜面の小郭群
松本市浅間温泉小笠原氏の有力家臣赤沢氏の館遺構は無し
松本市梓川梓小笠原長時が林城落城後、ここに籠城したはるか山奥の「隠れ城」の雰囲気
松本市蟻ヶ崎安曇、筑摩地方の豪族、犬甘氏の城松本城を眼下に、松本平を見渡せる
松本市井川城信濃守護小笠原氏の本拠である館櫓跡と言われている小高い塚が残るのみ
松本市入山辺林城とは山辺谷を挟んで向かい合う支城保存状態の良い石垣、空堀 虎口も良く残っている
松本市入山辺林城の支城の一つ 東方面の防衛主郭下の石垣は青柳城以上のものが残っている
松本市内田歴史の詳細不明 波多氏の築城といわれる大規模な竪堀、横堀を駆使した縄張り
松本市岡田伊深小笠原氏の北方の支城大規模な主郭背後の切岸、堀切
松本市里山辺信濃守護小笠原氏の本拠である山城大手から続く数多くの腰郭、主郭の土塁石積み
松本市島内小笠原氏の北方の支城 武田軍と激戦を交えた壮観な眺めの南支城収斂形の堀切
松本市島立小笠原氏の一族島立氏の館土塁の一部といわれる小山が残る
松本市中山林城の支城の一つ 南方面の防衛複雑な興味深い縄張り
松本市丸の内小笠原氏の支城から信玄の拠点そして石川氏が天守閣造営国宝天守閣群が美しい
松本市芳川小屋村井氏の居館 埴原城は村井氏の要害城であった遺構は無し 案内板が立っている
北安曇郡小谷村北小谷大網氏または武田氏によって交通路監視のために築城されたか鉱山の精錬所建設によって遺構はほとんど残っていない
北安曇郡小谷村北小谷歴史の詳細不明 横沢氏の城ヵ巨大岩石の間をぬって登ったところにある岩石の虎口
北安曇郡小谷村黒川上杉景勝と小笠原貞慶の戦闘があったヵ武田氏の影響を受けたと考えられる技巧的な縄張
北安曇郡小谷村黒川上杉景勝と小笠原貞慶の戦闘があったヵ姫川の舌状台地に築城された大規模な縄張、大規模な空堀
北安曇郡小谷村千国歴史の詳細不明、在地土豪層の砦か主郭南側の堀切を形成する土塁
北安曇郡小谷村千国歴史の詳細不明、在地土豪層の砦か、物見かどこまでが城域か…検討してください
北安曇郡小谷村中小谷歴史の詳細不明塩の道の難所といわれる姫川の断崖
北安曇郡小谷村中小谷歴史の詳細不明横堀多用の不思議で大規模な遺構群
北安曇郡小谷村中小谷歴史の詳細不明 天正11年、上杉景勝・小笠原貞慶の争奪戦となった地域川に削られ、鉄道に分断され、畑、堆肥センターが建てられ…
北安曇郡小谷村中土平倉城攻めの際、山県昌景が石火矢を放ったという伝承がある遺構と断定できるものはなし
北安曇郡小谷村中土曽田・上手村歴史・伝承等一切不明想定を超えた広さを持っているかも…
北安曇郡小谷村中土中通歴史・伝承等一切不明遺構かどうかもよくわからない
北安曇郡小谷村中谷平倉城主飯森氏の配下、杉山左門の居城か東西に分かれた個性的な郭群
北安曇郡小谷村中谷飯森十郎の居城。弘治3年7月、武田氏によって滅ぼされた。南尾根上に広がる郭群を縦横無尽に廻る土塁と虎口
北安曇郡小谷村虫尾歴史・伝承等一切不明姫川対岸の立山〜曽田城の眺め
北安曇郡小谷村上手村歴史の詳細不明。物見の伝承があるのみ。立山の眺め
北安曇郡白馬村飯森飯森氏最南端部の出城ヵ郭を囲む土塁
北安曇郡白馬村神城飯田歴史の詳細不明。仁科一族によるものか。背後からの攻撃を断つ二重堀切
北安曇郡白馬村神城武田勝頼時代の遺構が残る二重に取り巻く横堀、竪堀群
北安曇郡白馬村神城三日市場城と連携して交通封鎖する為の砦か主郭の南東、南西下にある堀切、背後の謎の土橋
北安曇郡白馬村塩島室町時代は諏訪社下社領だった。 塩島但馬守居城の伝承が残る。城の痕跡を探しながら丘の上を散策
北安曇郡白馬村西通歴史・伝承等一切不明 川筋の物見かこれ以上破壊されないことを求む!
東筑摩郡朝日村西洗馬武田勝頼時代に築城か西斜面の横堀、竪堀群、尾根を断ち切る二重堀切
東筑摩郡麻績村麻信玄側室諏訪御料人の母の実家である麻績氏の居城広大な主郭西側下の段郭群
東筑摩郡麻績村麻南北朝時代に造られた南朝方の拠点広大な主郭、その背後の断崖のような堀切
東筑摩郡筑北村坂北小笠原、武田、上杉氏が取り合った要衝の城一の郭下の石垣
東筑摩郡波田町上波田慶長期に築かれた小笠原氏家臣、春日淡路守の屋敷跡遺構確認できず 石碑がある
東筑摩郡波田町上波田小笠原氏重臣櫛置氏の居館であり駐屯地かわずかに当時を偲ばせる段丘崖から入り込む谷
東筑摩郡波田町上波田筑摩西部の要衝 小笠原氏重臣櫛置氏が二代にわたって入る規模の大きい堀切、竪堀


〜諏訪地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
岡谷市川岸諏訪大社下社大祝金刺氏の分流三沢氏の居城か主郭北辺の空堀と北東側入角
岡谷市湊諏訪氏の支族 小坂氏の居城中央道の建設によって遺構は消滅
岡谷市湊諏訪氏の支族 有賀、花岡氏の居城主郭にある大土塁と城を取り巻く帯郭
諏訪市上諏訪元祖高島城 信玄が上原城よりここに政庁を移した手長神社から茶臼山、岡村政庁跡付近の散策
<付 岡村代官所跡(信玄時代、上原城より移した政庁)>
諏訪市湖南文明の内訌後、旧大祝諏訪継満が築城やせ尾根に造られた郭と前面の腰郭
諏訪市湖南文明の内訌後、千野氏の居城となる主郭を取り巻く大空堀
諏訪市湖南真志野氏または金子氏の居城といわれる尾根上の広大な台地、北側面の段郭
諏訪市湖南諏訪氏一族の矢嶋氏の居城主郭周囲の帯郭、背後の堀切
諏訪市四賀桑原諏訪氏滅亡の舞台諏訪盆地一帯の眺めは最高
<付 頼重院(諏訪頼重供養塔)>
諏訪市高島旧領回復 高島藩諏訪氏歴代の城諏訪の浮城を偲ぶ城付近の散策
<付 温泉寺(諏訪氏菩提寺)>
諏訪市豊田諏訪氏の支族 有賀氏の居城 信玄攻略後千野氏の居城に整備の行き届いた郭、大土塁と竪堀
諏訪市中州諏訪頼忠築城 諏訪地方最初の平城遺構は無し 宮川が堀の役目をしていた
諏訪市中州干沢城とともに諏訪大祝家の城広大な武居平 自然の力を感じる偽の竪堀
茅野市北山大門峠麓の要衝の地にある狼煙台狼煙台といわれる東郭からの大パノラマ
茅野市北山中の棒道沿いにある大門峠麓の武田軍足溜りの城現在は周囲の防衛である空堀、川が形を偲ばせるのみ
茅野市玉川代々諏訪氏の支族が館を構えた小城遺構らしい遺構は無し 諏訪氏に興味のある人向け
茅野市ちの諏訪氏代々の本城、信玄の信濃進出の拠点城の大きさに似合わない大空堀
<付 城下町遺跡、頼岳寺(諏訪氏菩提寺)>
茅野市ちの諏訪氏の支族矢崎氏の城四方に土塁を巡らせた主郭 山浦地方の眺め
茅野市ちの諏訪氏の支族矢崎氏の城背後の尾根を断ち切る40m長の堀切
茅野市宮川安国寺諏訪大社上社大祝の居城各郭の大規模な切岸と攻撃用石積み!
<付 諏訪氏安国寺廟所>
茅野市宮川西茅野諏訪氏の支族千野氏の居城山登りをせずに茅野市街を一望できる眺め
茅野市宮川諏訪大祝の詰城か北条時行の隠れ城か?全国的にも有数の比高を誇る山深い中の城
茅野市米沢諏訪氏の支族埴原田氏の城小さいながらも周りに巡らした段郭
諏訪郡下諏訪町久保木曽義仲の家臣手塚太郎光盛の居館遺構は無い 地形が跡を偲ばせる
諏訪郡下諏訪町下ノ原金刺氏居城桜城の詰城諏訪地方で1、2を争う規模を誇る城
諏訪郡下諏訪町東山田金刺氏の城、信玄時代横田備中守が居城にしたという上の城の諏訪地方では珍しい縄張り
諏訪郡下諏訪町湯田諏訪大社下社大祝金刺氏の居城二の郭にある土塁と竪堀、水の手郭
<付 金刺盛澄>
諏訪郡富士見町境信虎時代諏訪侵攻の前線基地、信玄時代棒道筋の中継基地か信玄家臣の多田常昌の墓碑


〜上田・小県地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
上田市秋和村上氏による太郎山麓城砦群のひとつ断崖の切岸 時代の重なりを感じる縄張り
上田市上田村上氏による太郎山麓城砦群のひとつ主郭の切岸、石積み、堀切 全長約350mの長大さ
上田市上野信玄大敗「砥石崩れ」の舞台桝形城、本城、砥石城、米山城と続く要塞化した山
<付 信玄本陣 鐘かけの松>
上田市岡信玄の海津城築城前の川中島進出の前線基地初期の大規模平城 一部残る丸馬出
上田市上塩尻虚空蔵山頂に築かれた太郎山城砦群の要標高1076.9m、2時間20分かけて登って出会える大堀切
上田市小泉上田原の戦いで村上氏が陣を構えた鞍部の広い郭と神社からの眺め
上田市腰越真田軍VS徳川軍 第一次上田合戦の直後、丸子表の戦いの舞台本城支城の関係にある主郭と二の郭 麓の居館跡
上田市真田町長真田氏拠点の山城真田の里を見下ろす眺め
上田市真田町長真田本城の背後を固める城見事に残る石塁
上田市真田町本原真田幸隆、信綱時代の館大手口の石垣、隣りの真田氏歴史館も是非
<付 長谷寺、信綱寺>
上田市下塩尻村上義清が虚空蔵山城と和合城とのつなぎの為に築城か岩場を利用した堀切、虎口
上田市住吉村上義清が砥石城と向かい合った尾根に築城砥石・米山城が間近に見える
上田市常盤城村上氏が太郎山守備前衛として築城かそんなに大普請しなくてもいいかな・・・ということが実感できるヵ
上田市常盤城神氏矢島氏の居館と詰城他の太郎山、虚空蔵山城砦群とは違う趣
上田市二の丸真田昌幸築城 徳川の大軍を二度も阻んだ城内はもちろん、遺構、跡を捜し出す愉しみたくさん!
上田市前山塩田北条氏三代の城 その後村上、武田、真田氏の重要拠点となる南北にまっすぐ延びる大手道、弘法山頂からの眺め
上田市御岳堂木曽冠者源義仲ゆかりの城頂上からの大パノラマ
<付 宝蔵寺>
東御市祢津祢津氏の居城下の城からのパノラマと巨大な堀切、竪堀群
小県郡長和町古町信玄の対村上義清の為の前線基地小さいながらも要害地形に守られた城


〜佐久地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
小諸市乙大井光為が本拠鍋蓋城の防備のために築城良好に残る田切り地形、郭、堀
小諸市小諸丁信玄の大拡張工事で現在の縄張りに
仙石氏時代の建築物が現在に残る
田切り地形が造る深い谷と巧妙な縄張り
小諸市東小諸武田信虎の命令によって対村上氏対策で築かれた?巨大な横堀と広大な郭
小諸市平原信玄が北佐久の拠点とした城田切り地形を利用した郭
小諸市耳取耳取大井氏の居城城域北面の田切り地形による身もすくむ断崖
小諸市諸小諸大井氏が本拠鍋蓋城北の守りとして築城か石積みに覆われた郭群
佐久市今井木曽義仲家臣今井兼平の居館との伝承がある主郭の堀切と要害地形
佐久市岩村田江戸時代末期岩村田藩主内藤氏が築城を志した跡遺構見あたらず 藤城神社から大井城が見える
佐久市岩村田佐久地方に勢力を振るった大井宗家の居城石並城、王城、黒岩城と三区分される城の周りの断崖
佐久市内山上原(小山田)昌辰が守った城点在する石塁と要害をなす岩場断崖
佐久市春日依田信守、信蕃父子の居城尾根上にある個性的な郭群
佐久市勝間信玄佐久侵攻の際、陣場として使用展望台からの佐久平一望の眺め
佐久市上平尾大井氏家臣だった平尾氏が独立して築いた城土塁に囲まれた主郭、水の手付近の石積み
佐久市上平尾大井氏家臣になった平尾氏の居館跡僅かに痕跡が残る館跡南端の堀切跡
佐久市志賀佐久地方で最後まで信玄に抵抗した城様々な石積み様式が見られる 内山城と似た断崖の地形
佐久市田口田口氏の城であったが信玄の攻撃によって滅亡佐久地方随一の広大な郭群を持つ山城
佐久市田口江戸時代末期、松平氏によって築城された洋式城郭函館と龍岡でしか見られない五稜郭式城郭
佐久市鳴瀬大井支族の城 依田信蕃戦死の地平地の中に忽然と聳える断崖の上に連なる郭
佐久市根岸詳細不明 長坂釣閑齋の居城?段郭状によく残る郭群と背後の堀切、土塁
佐久市根々井義仲の後盾 根井行親の館根井行親供養塔
佐久市野沢鎌倉時代からの伴野氏館跡周囲の土塁、堀跡
佐久市平賀佐久南部地方の一大勢力であった平賀氏の居城無数にある段郭と各所に見られる石積み
佐久市前山伴野氏の詰めの城本丸からの佐久平一帯の眺め
佐久市望月平安から戦国時代約600年にわたる望月氏の居城主郭を囲む郭群と一、二の堀跡
北佐久郡立科町茂田井依田氏が春日城に移る前の居城城域外側を巡る二重の空堀(跡)
南佐久郡佐久穂町大日向矢田判官義清の居城といわれる虎口部分の土塁、空堀
南佐久郡佐久穂町舘根井行親の子、楯六郎親忠の居館館の南西にある月見公園の丘上からの眺め
南佐久郡南牧村海尻小山田昌行が死守した佐久への入り口交通の要所にある事がわかる眺め
南佐久郡南牧村海ノ口信玄初陣で落城させ功名をあげた城天然の岩場を利用した主郭の防御


〜伊那地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
飯田市伊豆木小笠原氏被官伊豆木氏の居城
江戸期には伊豆木小笠原氏の居館となる
支尾根に広がる段郭と規模の大きい堀切
<付 旧小笠原家書院>
飯田市追手町信玄 下伊那の中核の城桜丸御門(通称赤門)、本丸堀切
飯田市上久堅諏訪大社大祝諏訪氏分流の知久氏居城飯田方面の眺め
飯田市久米松尾小笠原氏一族の城周囲一帯を見渡せる絶景
飯田市座光寺座光寺氏の居城南本城主郭周辺の特徴的な縄張り
飯田市駄科小笠原家 骨肉の争いの舞台松尾城に対する防御施設
飯田市松尾代田小笠原家 骨肉の争いの舞台主郭から「サカヤシキ」付近の遺構
伊那市伊那伊那地方の要の城大規模な空堀と段丘深く切り込んだ、城を独立させる田切り地形
伊那市高遠町東高遠山本勘助縄張り?の城、仁科五郎盛信の悲しい激戦場郭周囲にめぐらされた巨大な空堀
伊那市東春近春日城主の分家の城主郭を幾重にも取り巻く大規模な空堀
伊那市美篶諏訪氏支族の笠原氏居城伊那地方には珍しい選地
駒ヶ根市下平片切氏支族の赤須氏の居城添郭の巨大土塁、長春寺へ下りる堀底道
上伊那郡飯島町田切武田氏家臣小泉氏の居城かわずかに土塁、空堀の痕跡が残る
上伊那郡飯島町本郷片切氏支族の飯島氏の居城伊那地方屈指の巨大な城域 本城虎口付近の大規模な普請
上伊那郡辰野町伊那富信玄伊那侵攻時、小笠原長時が立てこもった城主郭背後の巨大堀切
上伊那郡辰野町羽場小笠原氏築城から近世初頭まで使用された主郭周囲の大規模な空堀
上伊那郡中川村大草天竜川東岸、この付近一帯を支配した香坂氏の居城×公園化に伴って遺構は大部分消滅 主郭切岸が残る
上伊那郡箕輪町東箕輪長野県下最古の城館跡といわれる主郭、二の郭間の空堀
上伊那郡箕輪町福与伊那谷の入り口、藤沢頼親が信玄に抵抗した城天竜川段丘上にある独立した大規模な郭、空堀
上伊那郡宮田村中越中越氏に関係する水運基地か?良好に残る土塁、空堀、虎口
下伊那郡阿智村駒場信玄の狼煙台という伝承がある主郭より西側の良好に残る遺構
下伊那郡大鹿村大河原南北朝時代、宗良親王が本拠地としたわずかに残る郭部分と周囲の堀跡
下伊那郡下条村陽皐吉岡下条氏代々の居城 信玄の妹が下条氏の妻へ主郭西側堀切周辺と桝形跡
下伊那郡高森町下市田室町期、一大勢力を誇った松岡氏の居城大規模な北側の横堀、東麓虎口付近の防御施設
下伊那郡高森町吉田松岡氏家臣であった吉田氏の本拠二、三の郭間堀切、光専寺背後の遺構
下伊那郡松川町上片桐中世に威勢をふるった片切氏の本拠残存する出丸より東端部の遺構
下伊那郡松川町元大島信玄上洛の際に拠点として大修築した城壮観な眺めの二重三ヶ月堀、複雑で大規模な空堀
下伊那郡松川町元大島平安末期から名子郷に移住した名子氏の要害城馬蹄形をした巨大な本郭


〜木曽地方〜

城名 場所 歴史 見どころ
木曽郡大桑村須原福島へ移る以前の木曽氏の本拠主郭と二の郭との間の空堀、土塁
木曽郡木曽町福島木曽氏居館跡 福島町内3つの山城の中で最も古い築城遺構は無い 電波塔付近が主郭か
木曽郡木曽町福島木曽氏居館跡 小笠原貞慶軍に焼き払われた遺構は無い 居館跡に建つ大通寺の信玄三女真理姫の供養塔
木曽郡木曽町福島小牧・長久手の戦い時、木曽義昌が立てこもる「詰め城」の性格がわかる比高の大きさ、麓からの距離
木曽郡木祖村鳥居峠武田軍の木曽侵攻への砦良い状態で残っている御嶽遥拝所付近の縄張り
木曽郡南木曽町吾妻小牧・長久手の戦いの時木曽氏家臣山村良勝が
徳川軍に抵抗した城
主郭付近の円形の縄張り、麓の「妻の神土塁」