金井山城
かないやまじょう

長野市松城町東寺尾



金井山城に関する文献史料は無く詳細は不明である。
寺尾氏の拠った寺尾城とは近接しており、密接な関係があったことが推測される。
山裾の中洲集落の柴には「堀内」「馬場」などの地名が残るが、千曲川の氾濫などで、居館の跡は不明である。〔『大系』〕

【左】竹山城(象山)より金井山城方面  海津城 のある松代町街の北に位置する。 金井山城と寺尾城がある尾根は繋がっており、 その結節点に北平城がある。北平城から尾根を南東方向に登っていくと尼厳城がある。
金井山城と北平城との間、尾根鞍部には鳥打峠が通り、北国街道松代道を扼している。
千曲川の侵食によるものなのか、尾根の両サイドは侵食された崖となっている。

【左上】金井山遊歩道展望台より北方面  尾根先端部麓の金井池から500m程遊歩道が尾根上に続いている。 当時の千曲川は金井山の直下を流れており、麓の金井池はその痕跡である。 写真奥に見える尾根には霞城がある。 川中島(八幡原)古戦場は写真からはずれているが、左側で千曲川の対岸。
現在確認できる遺構は尾根南東部の奥にあり、遊歩道の終点からさらに奥へと入っていく。
【右上】堀切  主郭手前の2条は露出した岩を利用したかなり大規模なもので、 そのまま竪堀となっている部分にも岩が利用されている。


【左上】堀切  途中の尾根上は削平されてはいるが、巨大な岩が連なっており、郭というよりは通路という感じ。
本格的な郭はこの岩を利用した大堀切を越えたところから始まる。
【中上】虎口と石積み  大堀切を越えると明確な虎口を持つ郭がある。その上は石積みで側面を補強された主郭手前の腰郭である。
【右上】主郭  背後に土塁が確認でき、周囲に石積みもある。また、尾根上にはいくつか円墳が見かけられるが、主郭の北西隅にも 円墳がそのまま残る。
主郭背後は巨岩が露出する急斜面となっており、鳥打峠へと通じるが、城域は終わっていると思われる。

【左上】主郭より南方面  寺尾城が見通せる。長野道のトンネルが真下を通る。
【右上】尼巌城方面  奥の雲がかかっている所が尼巌城。手前の寺尾城の尾根と合流するピークが北平城のある場所と 思われるが未確認。


〜感想〜
自然の巨岩が異常なほど城域内部にある。堀切をはじめとして、これを上手く利用して防御とした部分も見受けられる。
大堀切を越えたところから主郭までの約40mの間に主要な郭が集まっており、虎口はかなり明確に残る。 なかなか個性的な城である。
尾根先端部の見通しが利く位置からかなり奥(約800m)に入った所に主郭があるのは、寺尾城、北平城との位置関係の 影響によるものなのだろうか。
その考え方からすると鳥打峠側が大手だったことも考えられる。しかし、主郭背後が急斜面で下っているとはいえ、防御遺構が見当たらないのは気になる。
もう一方で千曲川の渡河地点である「広瀬の渡し」がこの付近と思われ、河川交通を押さえる要所でもある。そのため現在は 遺構らしいものは確認できないが、尾根先端部も使用されていたと思われ、こちらが大手という可能性もある。
虎口部分の造りや陸、川の交通を押さえる要衝の地という点からして、武田氏、その後の上杉景勝時代にも使用された可能性は 考えられる。


行き方国道403号、金井山公園入口案内板を 入る。
金井山公園から遊歩道を登り、道がなくなってからも、そのまま尾根上を進む。麓から主郭まで約30分。
駐車場遊歩道手前 3台
撮影日2006年12月
更新日2006年12月23日
参考文献『日本城郭大系』8
長野市誌編さん委員会編『長野市誌』第12巻 資料編 原始・古代・中世  長野市 1997年
参考サイト北緯36度付近の中世城郭