北林城・矢島屋敷
 きたばやしじょう・やじまやしき

《別名》 北林庄司城、矢島城 上田市常磐城



北林城と矢島屋敷は、神氏一族である矢島氏の居城と推定されている。応永7年(1400)の『大塔物語』等によって、 小県郡に矢島氏が存在したことはほぼ確実と思われ、応永年間以前、この地に居館である矢島屋敷、詰城の北林城を 築き、周辺地域を治めていたと考えられている。

【左】北林城周辺
太郎山麓、虚空蔵沢の西側に位置しており、他の山麓城砦に比べ標高は低い。矢島屋敷は北林城より 西側(写真左方向)低地にある。

【左上】北林城南東下  東側は虚空蔵沢の急斜面により防御されている。間に腰郭が確認でき、写真の道が上へ通じているが、 この道は上部の養豚場造成時に拡大されたものという。
南面に大手道があったというが、確認できなかった。
【右上】主郭周辺  耕作地となっている。『室町・戦国時代の争乱』によると、主郭背後に土塁と堀切があるというが確認できず、 私が推定した位置がズレているかもしれない。
周囲には石積みが多く見られるが、城域以外のところにも多く見かけられ、後世の耕作地用のものと思われる。
【左上】北林城より牛伏城、荒城の尾根  虚空蔵沢を挟んで反対側の尾根上にある。
【右上】矢島屋敷跡  写真中央の畑部分。北林城より西へ約300mの位置にある。


〜感想〜
文中にも書いたとおり、北林城の主郭位置についてはズレている可能性もある。再度調査したい。
『大系』では「矢島城」として、北林城と矢島屋敷が同じものとしているが、「惣名北林絵図」によって屋敷のあったことが、 明らかになった。〔『室町・戦国時代の争乱』〕
他に矢島屋敷の南に「堀の内」地籍があり、同時代のものか、矢島屋敷の方が新しいものか明らかではない。
北林城は他の太郎山、虚空蔵山城砦群とは、縄張り、選地が異なっており、村上氏が対武田氏の防衛線の為に築いたものでは ないようだ。


行き方北林城:国道18号上田バイパス緑ヶ丘信号を北へ入る
牛伏城入り口の虚空蔵堂を過ぎて沢を渡った南側。
矢島屋敷:緑ヶ丘信号南へ入り、右手の須波三穂神社(西宮)方面へ
神社東側の上田バイパスをくぐるトンネル手前。
駐車場無し 路駐
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8、  上田市誌編さん委員会編『室町・戦国時代の争乱』上田市誌刊行会 2001年