駒場城
こまんばじょう

《別名》 城山  下伊那郡阿智村駒場




築城の時期、城主などの詳細は定かではないが、駒場は 松尾小笠原氏の支配下にあった。 武田信玄の下伊那侵攻により、駒場城も改修されたと思われ、狼煙台の伝承もある。


【左】駒場城 北東方向より
山地より東へ伸びた尾根の先端部に位置し、北の阿智川と南の沢が合流する要害の 地である。
現在城域中心部は「阿智公園」として整備され、林道が尾根上まで通っているため、車で行くことが できる。尾根上に建てられた「信玄のろし台」という大きな看板は阿智の街中や高速道からも見える。

【左上】東郭  林道終点部付近はすでに城域と思われ、手前にも削平地が確認できる。現在確認できる郭で最も東側に 位置し尾根先端に近い所。麓から見える「信玄のろし台」という大きい看板が建っている。
【中上】主郭東側斜面  主郭東側は公園となっているためだいぶ改変を受けたと思われるが、主郭虎口部分には 階段状に小郭があったようである。
【右上】主郭  公園化に伴い整備されたのか、土塁は確認できない。主郭より西側(写真奥)は公園化されておらず 遺構が良好に残る。


【左上・中上】堀切  主郭より西側部分の郭は主郭よりもかなり小さくなるが、堀切の規模は大きい。西側だけで4条は 確認できる。
【右上】南面帯郭  南斜面には各堀切と繋がっている帯郭がある。外側には土塁が確認できる部分もあり、 規模は小さいが横堀状となっている。

【左】東方面の眺め  古代には東山道が通り、近世には伊那街道の駒場宿として栄えたところで、 西へは清内路峠を越えて木曽方面へ通じる道、東へは遠州街道に通じる道もここで交わっている。
やや右上の独立山は飯田の久米ヶ城

〜感想〜
「信玄のろし台」の看板が目立つ城だが、阿智は信玄にゆかりの深い地である。 信玄がここで亡くなったという説、火葬されたという説もあり、麓の 長岳寺には火葬塚から見つかった灰を 移して供養塔が建てられた。
縄張りは尾根上に郭を連ねた単純な構造だが、城域や堀切の規模からしてかなりの普請が行われたようだ。 交通の要衝でもあり、当然のろし台としても使用されたであろう。この付近一帯の中心的な城であったと 思われる。


行き方国道153号 駒場東信号を入り県道64号へ 阿智川の橋を渡って50m先 「阿智公園入口」を右折
公園方面へ林道を約1q 終点の公園部分
駐車場3台
撮影日2006年2月
参考文献阿智村誌編集委員会編『阿智村誌』上巻 1984年、 宮坂武男『図解 山城探訪』第7集
参考サイト城跡巡り備忘録