黒川館
くろかわやかた

《別名》  長野県北安曇郡小谷村黒川


―史料からみた黒川館―
黒川館に直接関係する史料はない。

天正10年(1582)武田氏滅亡後、小谷筋には北から上杉景勝が、南からは木曽義昌、その後小笠原貞慶が侵攻してきた。 同年11月2日付、西方房家・小谷衆大所豊後守宛ての景勝書状2通(景勝公御書16・『上』2593)・(山田氏所蔵・『上』2594)では、「千国之城」を攻略したことを賞している。この「千国之城」は黒川館もしくは黒川城の事を示している可能性が高い。

地誌関係の諸本によると、以下のようなことが記されている。
「信府統記」第十八の「千国黒川ノ古城地」項では黒川館のことを説明しており、その大きさは「本城ノ平〈南北十六間半・東西十五間〉、二ノ平〈南北三十五間・東西五十四間半〉」としている。
また、城主として栗原道仲という伝承があるけれどもその時代は不明で、武田氏の統治期には甲斐国の栗原左衛門佐の一族の中から在番する者が派遣されたのであろうか、と記されている。

明治初期の官撰地誌編纂事業による調査記録『長野縣町村誌』においても黒川館の説明があり、大きさは東西十五間・南北十六間、二ノ郭東西五十四間・南北五十八間とする。そして、伝承によると菅原朝臣堀金安芸守政氏の嫡子、千国丹波守利秀が拠り、後に栗原河内守資長が拠った、としている。

『北安曇郡志』(大正12年〈1923〉刊行)黒川城の項も同様に黒川館の大きさに関する説明(「信府統記」とほぼ同じ)の後、「武田氏の臣栗田刑部道仲の居城なりと云ふ」と書かれている。栗田というのは「信府統記」の「栗原」の誤記か。

『大系』では『北安曇郡志』『長野県町村誌』を折衷した説明となっており、「武田氏の家臣栗田刑部道仲の居城であったが、武田氏滅亡後、千国丹波守利秀が対岸の千国城から移り、麓に居館を構えたという」と説明している。
いずれにしても、『大系』以外は黒川館の説明であり、その内容は伝承の域を出ない。
(千国地域全体の歴史・千国丹波守利秀に関しては千国城のページ参照)

『上越(文書番号)』…『上越市史』別編上杉氏文書集

【上】姫川対岸からみた黒川館と黒川城
千国城の麓、塩の道からの眺め。
黒川城は黒川館から北東方向、直線では1kmにも満たない位置だが、比高は500m近くにもなる。

『黒川館縄張図』


―立地―
姫川右岸、黒川集落から北西へ張り出した舌状台地に築かれており、西側直下を姫川が蛇行している。そのため、長年の浸食作用によってかなり削り取られたと考えられ、さらに地震で崩落したことも『長野県町村誌』に書かれている。したがって、築城当時から比べると郭の面積はかなり小さくなっているようである。
また、城域東側には胡桃沢の深い浸食谷が形成されているため、集落側の台地基部を除けば天然の防御が施されている。
姫川対岸には千国城立屋の城峯砦が目視できる。


―アクセスルート―
【左上】黒川集落を通る道
国道148号、南小谷駅の南側踏切を渡って右折、約1km先が黒川集落。

【右上】黒川館入口
黒川集落の中、胡桃沢に沿って道がついているので、そこを下ると途中に館入口がある。
ここから集落内を通る道を少し南へ行くと公園があり、その前に駐車できる。また、黒川城登山口の駐車スペースから徒歩5分くらいで来ることができる。

―現況―
【左上】胡桃沢と城域東側 
胡桃沢に沿った道は姫川に向かってイッキに下っていく。写真左手にみえる土手の上は現在田んぼになっているが、「弓屋敷」という地名が残る。

【右上】集落側から城域方面 @(←番号は撮影位置〈縄張図参照〉)
「弓屋敷」付近から撮影。舌状台地の基部を巨大な堀切が通っている。城内側には土塁が確認できるが、だいぶ破壊されてしまっているようだ。

【左上】堀切 A
城内外は耕作地化されているため、堀もだいぶ埋め立てられていると思われる。大正12年刊行の『北安曇郡志』には城跡は桑畑になっていると書かれている。

【右上】城内 B
一面耕作地である。途中段差が確認できるが、後世に改変されたものか。先端まで行くとやせ尾根状になっているが、一段高い。西側が削られていることからすると、築城当時はもう少し広さがあり、主郭であった可能性がある。

【左上】城内から南西方面の眺め C
姫川対岸には千国城・立屋の城峯砦が目視できる。

【右上】台地先端下部 D
やせ尾根状の先端で舌状台地が終わっているのではなく、約10m下部に平地が続いている。現在は耕作地となっているが、当時は城域だった可能性が高い。

【左上】北側からやせ尾根先端部と東側の尾根部 E
東側尾根部は自然地形だと思われるが、その上部からは胡桃沢下流部が一望できる。

【右上】東側尾根上からみた空堀部分 F
主要郭がある台地部との間は空堀状になっている。

―感想―
姫川と胡桃沢の谷を利用した舌状台地の尾根部分を中心として築城した縄張は、かなり大規模な普請を行なったもので、姫川沿いにある城館としては特異なものである。
「信府統記」にみえる城の大きさは、本城ノ平が約29.7m×27m、二ノ平が約63m×98.1mとなる。二つの郭を現在のどの場所に比定するか議論はあるだろうが、尾根最奥の現在はやせ尾根になっている部分を本城ノ平、大堀切までを二ノ平と想定すると南北方向はだいたい一致する。そして東西方向については、姫川の断崖部分がかなり崩落したことが想定される。

史料によると、弘治3年(1557)7月、武田信玄による平倉城攻めがあり、同年10月9日付、武田家高札(千国家文書・『戦武』576)には、「武田軍の者、千国谷中における乱妨狼藉を禁止する」ことが記され、この時すでに武田氏が千国を押えていたことがわかる。
この史料は、いわゆる禁制で、戦争中に軍勢の乱入や乱妨狼藉を禁止する制札のことである。在地の者は禁制を獲得するために、自ら大名側と交渉し、礼銭など多額の費用を支払った。
先の史料は「千国谷」全体の禁制であることから、この地域一帯を統轄していた在地勢力の存在が想定できる。
すると、千国城のページで紹介した堀金氏の一族の者が千国姓を武田氏から許され、千国六ヶ村を宛行われたという記録の信ぴょう性はかなり高いものとなろう。
この千国氏が武田氏から派遣された在番衆(栗原氏かどうかは不明だが)とともに、ここで守備していた可能性が高い。
さらに、武田氏滅亡後、千国は小笠原・上杉両氏の争奪戦の場となっていることから、この時にも拡大・改修があったであろう。
以上のことと、近世以降の地誌類が黒川館にのみ注目していることからすると、本ページ冒頭の2通の景勝書状に登場する「千国之城」は黒川館を指しているのではないか。

ところで、三島氏は黒川城が黒川館から離れすぎているため、詰城とみられてきたこれまでの通説に疑問を呈している。氏は黒川城について、宮本で千国道から分岐した道が、伊折―黒川城の尾根―真木―青鬼と進み、柄山峠を越えて鬼無里、善光寺平に至るルートを想定し、街道封鎖の役割を担っていたとする。
黒川城のページで述べたが、黒川城は武田勝頼期の縄張が色濃く残っていることから、単なる物見の砦ではなく重要な役割を果たしていたことが想定できる。その点、三島氏の指摘も注目すべきものではあるが、決定的証拠に欠ける。
ただ、黒川館は武田信玄の時代に本格的な改修が行なわれている可能性が高いことから、この時すでに在地勢力の館・詰城といった関係性は失われていたと考えられる。

小笠原氏が千国を押えた天正11年(1583)3月以後は、黒川館が軍事的・政治的に主要な役割を担ったが、近世には「千国街道」が再び姫川左岸を通るようになったことから、黒川城・黒川館は役目を終えたのではないか。


行き方 国道148号、南小谷駅の南側踏切を渡って右折、約1km先の黒川集落の中にあり。
駐車場黒川集落南の公園前か黒川城登城口から徒歩約5分。
撮影日2015年12月7日
更新日2016年1月11日
参考文献 『日本城郭大系』8
『小谷村誌』歴史編(小谷村誌刊行委員会、1993年)
宮坂武男「黒川館」「黒川城」(同著『信濃の山城と館』第7巻安曇・木曽編 戎光祥出版、2013年)
三島正之「信越国境の防備―長野県小谷村の中世城郭―」(『中世城郭研究』11、1997年)
参考サイト土の城への衝動
らんまる攻城戦記