森城
もりじょう

《別名》 仁科城・山田城 大町市平



森城の築城年代は定かではないが、古代にまで遡る可能性もあるという。〔『大系』〕
平安時代後期、仁科氏が大町市社の館之内に館を構えると、森城は北方に対する後詰の城として重要な意味を持つようになった。
武田信玄の時代になると、森城は武田方の城として改修され、信玄の五男晴清を仁科五郎盛信と名乗らせ城主として送り込んだ。 武田氏滅亡後、旧領を回復した小笠原貞慶は対上杉景勝の拠点として重視した。

『森城要図』


【上】木崎湖対岸より森城  湖の反対側(城域西側)も水位を上昇させて泥田堀とし、木崎湖に突き出た半島状の部分を 城域主要部としている。東西の湖、泥田堀とを繋いだ堀切を配して防御している。

【左上】仁科神社  主郭だった場所である。境内となったのは昭和の初め頃で、その前は桑園だった。〔『大町市史』〕
【右上】主郭南側の土塁  高さ約1mの土塁が連なる。しかし、かなりの改変を受けているので、当時からのものかは 疑問が残る。


【左上】阿部神社  主郭の北側、一段低い所に位置する。大和朝廷に仕えて東征に従事した大和の古代氏族阿倍氏を祀ったもの という。〔『大系』〕
【中上】阿部神社より主郭方面  主郭背後は切岸となっており、木崎湖側には水堀が通っている。写真右側奥が二の郭方面で、 主郭側ほど高さはないが切岸になっている。二の郭は現在宅地となっている。
【右上】主郭南側の堀跡  現在は道となっており主郭の切岸が約3mある。「三の丸」側も木崎湖側はやや高くなっている。
解説板の「馬出し」がどこの部分なのか想定できなかった。

【左上】「三の丸」堀跡  東側の一部に痕跡が残っている。主郭南側の堀から南側はほとんど宅地化してしまっているが、 堀だった痕跡が数箇所で宅地、耕作地の中に僅かに確認できる。
【右上】枡形跡か  集落の中を南北に通る道を南下してくると、途中にクランクした所があり、『市史』では枡形としている。

【左上】主郭より木崎湖(北方面)の眺め  【右上】城域西側(北方面)の眺め
松本平の北端に位置し、千国街道(塩の道)が城域西側の山裾を通っていた。現在の主要道は木崎湖の東岸を走っているが、 古代より糸魚川方面に出て、京へと通じる道である。


〜感想〜
伊那方面に行くと天竜川段丘を利用し、舌状台地を堀切って城とする手法をよく見るが、森城は比高を稼げない分、 湖水を利用しているところが興味深い。 水位を上昇させて東西北を湖水で防御し、さらに南面を区切る堀も水堀だったとするとかなりの普請を行なったであろう。
城域も最も外側の「外堀」までとすると、かなりの大きさである。
現在の規模になったのは、小笠原貞慶時代であろうが、それより前、信玄は五男をここに送り込み、対上杉氏の拠点の一つとしたであろうから、 かなりの部分はその時代にできたのではないだろうか。


行き方国道148号木崎湖入口信号から木崎湖方面へ。 湖岸を西側に回りこみ仁科神社へ。
駐車場仁科神社前 路駐
撮影日2006年8月
参考文献 『日本城郭大系』8
大町市史編纂委員会『大町市史』第二巻原始・古代・中世  大町市 1985年
参考サイト城と古戦場」、 「近江の城郭」、 「城跡巡り備忘録