中通の城峯
なかどおりのじょうみね

《別名》 じょうろみね 長野県北安曇郡小谷村中土中通


―史料からみた中通の城峯―
中通の城峯に直接関係する史料はない。

『小谷村誌』では城郭関連地名一覧の中で、中通の「城峯」を取り上げており、位置は中通旧消防小屋跡地、「じょうろみね」ともいうと記している。

【左】千国道(塩の道)からみた中通の城峯
写真右側の林が城域。道から数メートル高いが、その奥は下り斜面である。

『中通の城峯周辺図』




―立地―
姫川の支流である土谷川の谷筋、中世の千国道(現在の「塩の道」)沿いに位置する。
千国道は姫川上流域から左岸を通り、宮本城付近で右岸ルートと分岐する。
右岸ルートは立山を迂回するように土谷川を遡り、中通の城峯付近で北上、 大峯峠を越えて中谷川筋の稲葉城へと続く。


―現況―
【左上】道から入ったところの郭部分
削平状態はかなりあまい。現在、墓地となっていて、古い墓石も散在している。

【右上】左写真の郭から下方の眺め
10mほど下方に2段の削平地が確認できるが、城域とみなせるか微妙なところ。

【左上】城域西側
下り斜面となっており、底部には土谷川が流れる。

【右上】城域東側
周囲は棚田が広がっている。

【左】黒川城方面の眺め 南側は土谷川の谷を挟んで周囲が見渡せるが、とくに南西方面は黒川城まで見通せる。

―感想―
防御性はほとんどなく、「城峯」地名がなければ城跡と判断できないであろう。
宮坂武男氏は「南の土谷川筋と北の中谷川筋を結ぶ大峯峠の街道筋を見張る物見の砦跡と思われる」としている[宮坂2013]
現在の県道は石原集落を経て当城を通過したあと、左折して大峯峠を越えていくが、築城当時も同じ道筋だったかは不明である。 明治時代の地図では、少し手前もしくはちょうど城域のところで大峯峠方面へ北上しているようだ。
いずれにしても、街道筋の関所といった感じの立地・普請である。


行き方 国道148号、下里瀬信号を東へ入り、奉納温泉方面へ。
上手村バス停の50m手前(『中通の城峯周辺図』・下部のマップ参照)。
駐車場なし 隣の旧消防小屋跡地を借用
撮影日2016年12月3日
更新日2016年12月5日
参考文献 『小谷村誌』歴史編(小谷村誌刊行委員会、1993年)
宮坂武男「中通の城峯」(同著『信濃の山城と館』第7巻安曇・木曽編 戎光祥出版、2013年)
参考サイト