根井氏館

ねのいしやかた

《別名》 根々井館




この館は木曽義仲を支えた根井行親の館とされている。根井氏は東信濃に勢力のあった滋野一族望月氏の 支流で、ここを根拠地として牧場経営をしていた。
木曽義仲が挙兵した時、根井行親は義仲の養育者中原兼遠から引継いでその後盾となった。 それは信濃諸豪族を統制するためであり、根井氏の財力、軍事力が大きかったことがわかる。
行親は『保元物語』 『源平盛衰記』などに現れるが、活動の詳細はわからない。『盛衰記』では義仲の最後の戦いであった 宇治の戦いに敗れて討死したとしている。
根井氏滅亡後、この地は大井庄地頭大井氏の支配下となり、近世に入ると享保11年(1726)以来、 旗本水野氏の知行所となって、陣屋が置かれていた。
【上】館北面  現在、正法寺境内、宅地、耕地等によって遺構は見られないが、 字名、町割などにその痕跡が残っている。館域すぐ南側は湯川が蛇行して流れ、東西も囲まれては いるが、北と南側対岸は段丘となっており低い土地である。

<場所>佐久市根々井
<行き方>県道139号中佐都橋北側を西へ入り、正法寺を目指す
<駐車場>正法寺 5台
<撮影日>2005年9月
<参考文献>『日本城郭大系』8
畠山次郎『木曽義仲』銀河書房 1981年

『根井氏館要図』





【左上】正法寺  館域のほぼ西半分を占めている。古くは館の東北部段丘下にあったといわれる。

【右上】東側より正法寺方面  東側は耕地、宅地となっているが、館域を取り巻くように道路が 通っている。

【左】根井行親供養塔  正法寺北側の墓地内にある。



〜感想〜
館の周囲は田園地帯で、当時を偲ぶものは根井行親供養塔しかない。正法寺墓地の西側がやや高台に なっているのは、土塁の痕跡か。
湯川沿い北東約2.5qには大井城、 西へ約2.5qの所には岩尾城があり、根井氏の後、 この地にも大井氏の館があったようで、文献上にも登場する。『大系』では現在残る町割は この時代のものであるかもしれないとしている。



城館探訪〜長野県〜へ戻る