西の城・東の城
 にしのじょう・ひがしのじょう

長野市信更町赤田



西の城・東の城についての詳細は不明である。『大系』によれば、足利尊氏の志水与三郎実俊に対する下文の中に、 小山田村地頭職を宛行うことが書かれており、小山田村は東の城の700m東にある小山田池の周辺にあったと推定されている。 また、戦国期に篠ノ井塩崎に清水三河守の名が出てきており、彼もこの地と 関係があったのかもしれないとされている。


【左】西の城 北側より  南側は聖川の段丘端で、それに沿うように東の城は東側約250m(写真左方向)に位置する。
また、和田城は西の城より西側に約700m行った所にある。
西の城・東の城共に小さい丘の頂上部を中心にして郭があり、北側は急斜面となっている。

〜西の城〜

『西の城要図』



【左上】主郭下東側の空堀  主郭東下の部分は耕作地、墓地など、かなり後世に改変されているようである。 主郭直下の部分は現在堀の痕跡は確認できないが、南東斜面に竪堀、北東斜面の帯郭脇を竪堀が通っている。
【中上】主郭下南側  帯郭が主郭周囲を取り巻いている。
【右上】主郭  約35×20mの方形で、南側を除いて土塁に囲まれ、北側下には横堀の痕跡も残る。


〜東の城〜

『東の城要図』



【左上】西の城より東の城方面  東の城は一面リンゴ畑となってしまっているため、ほとんど遺構らしいものは見当たらない。 南面(写真右側)は緩やかな斜面となっている。西の城との間はやや高い地形でつながっている。
【中上】鳥坂峠より東の城方面  鳥坂峠は聖川段丘の反対側に位置する峠で、ここから南へ下ると 塩崎城の脇を抜けて善光寺平に出る。
東の城背後には集落があり、さらに高い山地がひかえているため、城域は完全に丸見えとなる。
【右上】主郭  山頂部は約50×30mのリンゴ畑。東側に空堀があったという。〔『大系』〕

【左上】主郭より南東方面  鳥坂峠方面となる。その先には千曲、坂城方面が見える。
【右上】南西方面  写真右側の林が西の城。左の谷が聖川上流方面。和田城が西の城の裏側の方向となる。


〜感想〜
『大系』では両城の間に居館があったのではないかと推定され、『市誌』では西の城が「防御施設を備えた居住施設」と され、内部に「恒常的に居住していた」と推定されている。
西の城と和田城とを比較してみると同じ段丘先端部にあり、主郭は南側を除いて土塁で囲み、背後に防御を施している点では 一致する。ただ、その防御遺構の規模と手法に違いがある。西の城は虎口跡も推定でき、堀も合理的に配置している点など、 そう古くまで遡る遺構ではないと思う。
また、ここからは鳥坂峠が正面に見え、段丘下に街道が通っている見通しのきく場所である。

在地土豪が詰城を築くならば、古刹専照寺背後の山を利用するのではないだろうか。 私は西の城・東の城は戦国期に街道筋の監視として利用していたと想像したい。武田氏の時代にも 塩崎城和田城とのつなぎの城として 機能したのではないだろうか。


行き方 県道70号、信更郵便局の南側、原市場バス停近くより専照寺方面へ。道なりに約1.2q右側、水田の先。
駐車場東の城脇 路駐
撮影日2007年2月
更新日2007年3月14日
参考文献 『日本城郭大系』8
長野市誌編さん委員会編『長野市誌』第12巻 資料編 原始・古代・中世  長野市 1997年
参考サイト