大倉崎館

おおくらざきやかた




上野の館ともいわれるこの館は鎌倉時代から室町時代にかけて、この地方の有力な豪族が 居城していたと、発掘調査から考えられているが、詳細についてはわかっていない。 竹内源内という者が館主であったと言い伝えがある。
<場所>飯山市常盤
<行き方>国道117号常磐大橋西側
<駐車場>3台
<撮影日>2004年8月
<参考文献>『日本城郭大系』8

【左】館内部  現在、国道によって館が真っ二つになっている。
千曲川に面した、この付近の典型的館の形式である。

【左上】館縄張り  郭の外側に土塁、堀をつくった、単純な構造。図の上が東になる。 東西約35m、南北約100m。
【右上】国道から見た土塁部分  土塁、堀ともによく残っている。ただし、中央に 国道が通されているが・・・

【左上】北側の堀  この先は千曲川まで23m程もある断崖になる。
【右上】千曲川対岸方面  古くからここは千曲川の渡河地点であり、越後から運ばれる塩、海産物が ここを通って信濃国内に運ばれていった。



城館探訪〜長野県〜へ戻る