高遠城
たかとおじょう

《別名》 兜山城、甲山城 伊那市高遠町東高遠



武田氏による支配以前、高遠は諏訪氏の一族が領していたが、その時の居住地は定かではない。
諏訪侵攻に成功した信玄は 高遠を支配していた諏訪一族の高遠頼継を攻め滅ぼし、ここを拠点として伊那谷に 進出して行った。
天正10年(1582年)織田信長の攻撃を受け、城主信玄の五男仁科五郎盛信をはじめ激戦を展開したが、 織田の大軍により一日で落城した。
以後、明治維新まで使用され続け、城主は保科氏、鳥居氏や内藤氏などが入った。

【左】建福寺より高遠城の眺め  三峰川と藤沢川の 合流地点に位置し、深い谷を形成している。  
【左上】大手口  城域西端部にある。現在の縄張りは明治の廃城時のものであり、武田氏時代がどうであったかは 不明だが、江戸前期まで大手口は反対側の東方にあったという。
【右上】勘助郭より本丸方面  勘助郭は現在グラウンド、駐車場になっている。 本丸は南側の三峰川断崖の方向を除いて三方を勘助郭、二の丸、南郭によって 囲まれている。各郭の周囲は堀によって防御されていたが、勘助郭付近の堀は埋められてしまっており切岸のみが残る。

【左上】二の丸、本丸間の堀  規模の大きいものだが、石垣は使用されていない。
【右上】本丸虎口  この付近には土塁、石垣が残っている。門は城下にあったものを昭和23年にここへ移築した もの。


【左上】本丸  現在、高遠城といえば「コヒガンザクラ」が有名で、本丸から二の丸一帯は桜の木でいっぱいである。
【中上】法憧院(ほうどういん)郭  ここにあった法憧院という寺を他の場所に移して 築城したため、この名が付いたという。天正10年の戦いの時、滝川一益がこちらから攻め込んだ。
法憧院郭は勘助郭〜二の丸〜南郭のラインからは突出しており、郭馬出し状になっている。さらにこの東外側には 馬場があった。
【右上】二の丸背後の堀  土塁が残っている部分。勘助郭、二の丸の外側には三の丸が囲んでいる。 現在、三の丸には道路、駐車場などが造られ、城域という雰囲気は無い。


【左上】搦手門跡  江戸前期まではここが大手だったといわれる。ガードレールの両サイドは外堀で、 その先は三の丸。
【中上】復元大手門 縮小版!  三の丸内の西側にある。隣には藩校であった進徳館がある。
【右上】高遠城下の眺め  江戸前期に西側が大手となってから、藤沢川の対岸に城下町が整備された。


〜感想〜
武田氏の時代、山本勘助が縄張りをしたという伝承がある。そして秋山信友らを城主とし、 永禄5年(1562)には武田勝頼が城主となったが、元亀元年(1570)信玄は勝頼を自分の後継者として 甲斐に戻らせ、信玄の弟信廉を城主とした。天正9年(1581)勝頼の弟の仁科盛信が高遠城主になる。
諏訪と伊那とを結ぶ主要な道がこの付近を通り、南へは分杭峠、地蔵峠を経て下伊那へと秋葉街道が 通る要衝の地である。
縄張りは廃城時のものなので、武田氏時代の様子はわからないが、 大手、搦手が逆だったといわれているので、それが天正期以前まで遡れるとすれば、 基本的な構造は変わっていないと思われる。

桜を見るのであれば4月だが、平日でも付近一帯は大渋滞、駐車場料金、入城料金を徴収されるため、 城を見るのであれば、料金を徴収されず、桜の葉が落ちて見通しが利く冬場がお勧めである。


行き方 国道361号を高遠城址公園を目指し、殿坂交差点を入りすぐ左折し登る
駐車場勘助郭大駐車場(桜の時期以外)
撮影日2003年9月、2006年2月
参考文献『日本城郭大系』8