高ツヤ城・鳥小屋城
 たかつやじょう・とりごやじょう

《別名》 高津屋城 上田市下塩尻



虚空蔵山頂に位置する虚空蔵山城と、そこから西へ下る尾根の先端部に位置する 和合城とを結ぶ起伏の少ない やせ尾根上に両城は造られており、隣接している。
簡単な削平地と数条の堀切とからなっており、築城年代は虚空蔵山城、和合城と同時期、 村上義清の時代と考えられる。

【左】高ツヤ城、鳥小屋城周辺 南麓千曲川より
上田と埴科との境に位置する虚空蔵山からは、上田地方を一望に見下ろすことができる。
尾根上だけでなく、南麓の支尾根には飯綱城をはじめ、 和合城との間に持越城、燕城、物見城が並んでいる。

〜高ツヤ城〜

【左上】上田市街方面  【中上】塩田平方面  【右上】坂城方面
和合城から東へ急傾斜の尾根を登っていくと、高ツヤ城主郭の約100m程手前で、見晴らしのいい岩場にでる。 (陣場鳥越山という表示あり)
中上写真の中央部が上田原の戦いがあった地。


【左上】主郭  高津屋山頂となっており、完全な削平地ではないが、尾根上に郭が確認できる。
【中上】東側虎口部  【右上】東側堀切
尾根東側(鳥小屋城側)の部分の虎口は明確に確認でき、堀切は東側にのみ3条ある。


〜鳥小屋城〜

【左上】主郭西側の郭  高ツヤ城から約200m登った所に、この郭が現れる。土塁は確認できないが、虎口の部分には 人の手が加えられた形跡がある。
【中上】主郭  鳥小屋山頂。自然の岩を利用した虎口が西側に確認でき、その周辺も自然の岩を利用して土塁が形成されている。
【右上】主郭北辺部土塁  僅かに土塁の痕跡が確認できる。


【左】鳥小屋城からの虚空蔵山城
一度、急斜面を下りてから、再び登ることになる。かなりの急斜面がつづく・・・

〜感想〜
両城ともやせ尾根上に郭が散在しており、機能的に配置されている感じではない。
自然の岩場を利用した虎口、堀切が城としての普請を感じさせる程度だ。 虚空蔵山城、和合城との間のつなぎの城といった感じである。
『室町・戦国時代の争乱』では郭の東側の下り尾根に堀切を設けているので、東からの攻撃を防ぐ意図で 構築されたものとしている。
しかし、高ツヤ城西端の岩場から西側の下り尾根は、かなりの急斜面がつづいているし、鳥小屋城の西側は高ツヤ城と隣接している 関係もあると思われ、判断しがたい。


行き方和合城から高ツヤ城まで約60分。高ツヤ城から 鳥小屋城まで約10分。
(坂城側から林道太郎山線が和合城の上部尾根まで来ている。道の途中の状況はわからないが、 車でこの尾根まで来れると
かなり時間短縮になると思います。 鳥小屋城と虚空蔵山城との鞍部にも林道太郎山線へ下る(かなり新しい)案内板があったの
で、 この尾根上のルート以外にもあるようです。)
駐車場和合城麓の墓地
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8、  上田市誌編さん委員会編『室町・戦国時代の争乱』上田市誌刊行会 2001年