竹山城
たけやまじょう

長野市松代町西条



竹山城は清野氏一族の西条氏の要害といわれている。
海津城鞍骨城との位置関係から、 海津城築城後の武田氏支配下では、 同城を取り囲むネットワークの一翼をになったものと推測される。〔『長野市誌』〕


【左】尼巌山中腹より竹山城方面
松代町の東側にある尼巌城側から西側の城砦群を見渡せる。竹山城は象山山頂にあり、 麓との比高差は115m。海津城の南、約1qに位置する。背後の尾根を登っていくと、鞍骨城のある尾根に出る。


【左上】主郭北側の郭  象山神社から尾根上に出て配水池を通り、山頂付近までくると広大な郭がある。現在は公園として 整備されているが、主郭北側尾根は緩やかな斜面が続いている。
【中上】主郭  約30m×18m。郭周囲には石積みが鉢巻状に確認できるが、階段は石碑建立の時に造られたもののようである。 虎口は写真にもある北側と東側、南西側の三ケ所と推定される。
【右上】主郭南側の郭石積み  主郭周囲の郭には石積みが確認でき、特に南側の階段状の郭の部分は竹薮の中ではあるが、 いい状態で残っている。


【左上】南側尾根の堀切  南側の階段状の郭から鞍骨城へと続く尾根を約100m行ったところに堀切が2条確認できる。
【中上】堀切より主郭方面  南側もしばらく緩やかな下り尾根が続いている。
【右上】竹山城より北東方面  海津城を挟んで反対側には寺尾城金井山城がある。さらに尾根を南へ行くと尼巌城や奇妙山烽火台が ある。


〜感想〜
竹山城は主郭を中心として、南北尾根と東側の虎口から延びる支尾根上にある郭からなる。それらの郭は石積みによって 補強されている。公園化等によって後世に積まれたものも多くあると思われるが徹底されている。
周辺で大規模な石積みが施された城といえば霞城があるが、 「折れ」や「屈曲」を多用した近世城郭的な縄張りの霞城よりも 、中世山城的な地形に既定された縄張りである。鞍骨城も主郭部分を中心に石積みを多用しており、むしろこちらのほうが近い 造りだと感じる。 海津城の背後に位置し、最も近くにある山城として防御を固める目的で石積みによって補強したのだろうか。
竹山城は西条氏の在地支配の時代から始まり、海津城防御の必要が無くなる江戸期初頭までの間使用され、 その末期(武田氏滅亡後か)に石積みで補強されたと思われる。


行き方象山神社から西側の公民館をぬけると、 「象山コミュニティの森」遊歩道がある。(案内板有り)
象山山頂へ遊歩道を行く。神社から主郭まで約20分。
駐車場象山神社駐車場借用 10台以上
撮影日2006年12月
更新日2007年1月27日
参考文献 長野市誌編さん委員会編『長野市誌』第12巻 資料編 原始・古代・中世  長野市 1997年
参考サイト城と古戦場