立屋の城峯砦
 たてやのじょうみねとりで

《別名》 金比羅山 長野県北安曇郡小谷村千国


―史料からみた立屋の城峯砦―
立屋の城峯砦に直接関係する史料はない。

千国地域に関しては、千国城のページを参照。

【左】立屋集落から城域方面
集落背後にみえる林の中が城域。

『立屋の城峯砦縄張図』



―立地―
姫川左岸、千国集落や峰集落背後の一段高い段丘上の小山である。南西側に立屋集落があり、集落との比高は20m程度で、ゆるやかな斜面となっている。南東約400m下には千国城、そして姫川対岸には黒川城黒川館が目視できる。


―アクセスルート―
【左上】集落南側から城域へ向かう道 @(←番号は撮影位置〈縄張図参照〉)
立屋バス停周辺の広場に駐車して集落内へ向かう道を直進すると、切通しになったところに出る。

【右上】切通し部から登城口 A
左側の石垣を通り過ぎたところから登れば、そこは城内である。この道は城域東側を巻くように通っているが、地図を見ると分岐して峰集落に下る道もあったようである。


―現況―
【左上】切通し部から千国城方面 B
眼下に千国城のある台地が見え、その先は姫川と対岸である。黒川館・黒川城は写っていないが、もう少し左側に位置する。

【右上】堀切手前の土塁 C
やせ尾根を30mほど進むと土塁が右手にみえる。その先は堀切となっており、主郭を防御している。ただし、二の郭にある祠への道が整備されているため、堀切西側部分は破壊されている。

【左上】主郭内部 D
内部は完全に笹に覆われてしまっているため、段差などがあるかどうか確認できず。

【右上】主郭から二の郭方面 E
主郭が高い位置にあることがわかる。
二の郭には石造物(「継母嶽大六天」「不動明王」「御嶽一山大権現」)が祀られており、そのためか郭内部はきれいに整備されている。

【左上】二の郭から主郭方面 F
南西隅の部分に土塁が確認できる。

【右上】二の郭から北方尾根方面 G
わずかに堀切の痕跡が確認できる。その先は約30mやせ尾根が続く。

【左上】西側の緩斜面 H
腰郭が中腹にあるが、その先は緩斜面が続き、集落裏手の耕作地と接続している。

【右上】切通しから南側の眺め I
現在は墓地となっているため、かなり改変は受けているだろうが、元々は城域だった可能性もある。

―感想―
宮坂氏はこの砦について、「千国十人衆の中でも要人が守ったことが考えられ、初期の千国氏の要害城として本城であった可能性」を指摘している。
三島氏は千国道の支ルートとして、千国から峰、立屋、若栗を経て、親原(栂池)へ向かう道が城域の脇を通過していることから、それを封鎖する目的で築かれたと推定している。
西側の緩斜面はかなり気になる部分である。仮に耕作地の部分も城域だとしても、守備の人員がかなり必要となるであろう。緩斜面の問題は千国城と同様である。
しかし、東側斜面に注目すれば防御性もあり、千国地域一帯を見渡すことができる位置にあることから、宮坂氏の指摘通り当地域を統括する有力者の詰城だった可能性が高い。


行き方 県道433号、小谷小学校南側を西へ入る。そのまま道なりに登っていくと立屋集落に入る。
立屋バス停まで来たら、徒歩で東側の集落へ入る道を進み約1分で切通しに出る。
駐車場立屋バス停付近に駐車スペースあり
撮影日2015年12月6日
更新日2015年12月26日
参考文献 『日本城郭大系』8
『小谷村誌』歴史編(小谷村誌刊行委員会、1993年)
宮坂武男「立屋の城峯砦」(同著『信濃の山城と館』第7巻安曇・木曽編 戎光祥出版、2013年)
三島正之「信越国境の防備―長野県小谷村の中世城郭―」(『中世城郭研究』11、1997年)
参考サイトらんまる攻城戦記