牛伏城・荒城
うしぶせじょう・あらじょう

《別名》 牛頚城/新城、アレ城 上田市常磐城



牛伏城、荒城は太郎山から南へ下る尾根上にあり、虚空蔵沢を挟んで西側麓には北林城がある。
太郎山は上田方面からだと、村上氏本拠地である坂城への障壁となっており、 太郎山、虚空蔵山南斜面に連なる城砦群の中で、この両城は山頂警戒の為の砦の一つと考えられている。

【左】上田城北側からの眺め
現在、虚空蔵沢の谷の西側から太郎山への登山道があるが、城域は沢の東側尾根上になる。 両城とも簡単な縄張りだが、比高は牛伏城まで約300m、そこから荒城まで約210m。標高はそれぞれ約690m、900mで、 この高さが最大の防御といったところか。

〜牛伏城〜
【左上】石切り場か  途中、尾根道の西側下に削平地が3箇所並んでいる。『室町・戦国時代の争乱』牛伏城のところでは、 緑色凝灰岩を切り出した跡が残っていると書かれているが、それらしき痕跡はわからなかった。いつ頃の時代のことかも不明。
【右上】牛伏城 土塁  単郭で約37m×26mの削平地がある。背後の北側に土塁がわずかに残るが、堀切は確認できない。

〜荒城〜

【左上】二の郭南側切岸  わずかに残る2条の堀切を通りすぎ、4つの小さな削平地の間を登ると、ここに出る。
【中上】二の郭、主郭  段差がついた先が主郭部。この郭は削平もしっかり行われており、土塁も東側に確認できる。
【右上】主郭背後の堀切  岩を削って掘り切った感じになっている。

【左上】主郭背後の郭  城域で最高所になる所。西側は岩場で削平は不完全。この郭の先にも堀切が1条あり、その先は 太郎山への上り斜面となる。
【右上】麓からの南方面の眺め  両城とも樹木に覆われ、視界は良くない。尾根上とはいえ、かなり深く入ったところなので、 実際周囲の城は見えないと思われる。
麓の鉄塔のところからは市街と上田城(写真中央の樹木部分)が正面に見える。


〜感想〜
虚空蔵堂から石切り場までの道は現在消滅しているようで、お堂の右側から北へ急な斜面を登っていくしかない。 石切り場から先は尾根道がついている。
牛伏城はごく簡単な縄張りで、『室町・戦国時代の争乱』での見解通り、一時避難の場所か荒城の前衛としての機能があったと 思われる。
牛伏城に比べると荒城は防御意識も感じられ、麓からの比高が500mを超えていることもあり、 太郎山への行く手を阻むための城かと思われる。


行き方国道18号上田バイパス緑ヶ丘信号を北へ入る
約300m先、右手に虚空蔵堂があり、そこから徒歩。お堂の右側に高圧線鉄塔の保守道があるので、
その周辺から登るか、鉄塔まで出てから尾根を北へ登る。
約20分で牛伏城。そこから約25分で荒城。
駐車場虚空蔵堂前 3台
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8、  上田市誌編さん委員会編『室町・戦国時代の争乱』上田市誌刊行会 2001年