内堀館

うちぼりやかた




内堀館は上今井集落の南部に位置しており、千曲川の沿岸に面している。
館の詳細については明らかでないが、中世の典型的な屋敷の形態を遺している。 しかし、江戸時代後期に飯山藩の本陣として利用されていた為、改変もされているであろう。

<場所>中野市上今井
<行き方>国道117号上今井信号手前を上今井駅方面へ入る
駅の南約200mの佐藤病院を目指す
<駐車場>佐藤病院南側の駐車場借用
<撮影日>2004年8月
<参考文献>『日本城郭大系』8

【上】館の南側より  現在、館内部は臼井氏の宅地となっているが、土塁とその外側をめぐる堀が 残っている。木の生い茂っている所が西側土塁。


【左】館縄張り図
南側に土塁、堀が無いのは、おそらく当時は千曲川が南面直下を流れていたのであろう。
この堀、土塁が馬蹄形になって三方を囲み、残りの一方を千曲川などの河川を天然の堀にした形態は、 この北信濃付近の館によく見られる形態である。
現在の千曲川は南方100〜200m程のところを流れる。

【左上】西面の堀、土塁  【右上】北面の堀、土塁
藪で隠れているが、水がたたえられている。周りには水路がめぐっているが、外郭の存在は 確認されていない。


【左】大手門
いつ頃のものかわからないが、かなり古い感じの長屋門である。



城館探訪〜長野県〜へ戻る