和田城
 わだじょう

長野市信更町田野口



和田城についての文献史料が無いため詳細は不明であるが、地侍田野口氏の城という伝承がある。
『更級埴科地方誌』によると、ここには善光寺平篠ノ井から鳥坂峠を経由して犀川流域の久米路橋(信州新町との境)を結ぶ 古道が通っており、江戸時代には松代藩の口留番所が置かれていたという。

【左】南側 田野口集落より
南側から見ると山の頂上部を中心に城域が広がっているように見えるが、背後の北側はそのまま段丘上の台地となっており、比高差は 僅かである。聖川の段丘崖先端部を利用した城となっている。
犀川流域への現在の道は撮影地点から写真左側和田城の麓を登っていく。

『和田城要図』



【左上】主郭  段丘先端部に位置する。南面以外は土塁に囲まれており、背後は上幅10mを越える堀によって独立している。 城域の東面は急斜面となっており、主郭から南東側にやせ尾根が下っている。
【中上】主郭より南西側下  南側下部には階段状に郭が並ぶが、現在は耕作地となっているため城域の確定はできない。 南西側下に善光寺平と犀川を結ぶ道が通っている。
写真奥の低地に聖川が流れる。
【右上】二の郭  主郭背後を囲むように堀を挟んでL字型になっている。外側を土塁で囲む。その北側には堀を挟んでもう一つ 郭があるが、削平が完全ではなく、土塁もついていない。

【左上・右上】二の郭背後の二重空堀  背後の尾根を断ち切るための巨大な空堀で、二重となっている。 深さは最大で約3m、長さは80m以上ある。 左上の写真は堀中央の土塁上より撮影。左側が尾根続き、右側が二の郭となる。右上の写真は堀の西端のほうで、斜面を下っていく竪堀 状になっている。

【左上】主郭背後の空堀  かなり埋没していると思われるが、二の郭側との段差は僅かで、主郭側の切岸が3m前後と高い。
【右上】南東側麓より田野口集落の眺め  麓には蜜蔵寺があり周囲は墓地となっているが、高台で周囲を見渡せる。集落より さらに低地に聖川が流れ、その周囲は水田地帯である。


【左】北側より和田城の眺め  段丘上から先端部に位置する和田城方面の眺め。周辺は耕作地となっているため、改変されている であろうが、城域との比高差があまりないことがわかる。この段丘上を東へ約700m行った所には 西の城・東の城がある。


〜感想〜
段丘崖先端部を利用しているとはいえ、背後の尾根幅が広く要害の地とはいい難い。 かなり無理な選地をしているように感じる。そのため、巨大な空堀をめぐらす必要があったのであろう。 だが、それはこの地に城を築かなければならない必然性があったわけで、城域の南から西側麓を通る善光寺平と犀川流域とを 結ぶ道が重要なものであったことがうかがえる。
この道は途中で別れ上尾城にも通じていることから、この地は犀川流域から善光寺平へ出る ための要所であったと思われる。

尾根を断ち切る二重空堀は西側斜面ではそのまま竪堀となっている。塩崎城赤沢城で見られる背後の竪堀などと同じように 大規模なものであり、武田氏以降の形態と考えられる。


行き方 県道70号田ノ口バス停より西側100m、ガソリンスタンド脇の道を北へ入ると蜜蔵寺。
本堂西側背後の墓地を上っていくと主郭。本堂から徒歩約10分。
駐車場寺駐車場借用 10台以上
撮影日2007年2月
更新日2007年3月6日
参考文献 『日本城郭大系』8
長野市誌編さん委員会編『長野市誌』第12巻 資料編 原始・古代・中世  長野市 1997年
参考サイト