吉田城山城

よしだしろやまじょう




詳細は不明だが、松岡城主松岡氏の 家臣であった吉田氏の本拠と考えられている。
<場所>下伊那郡高森町吉田
<行き方>南信州フルーツラインより城山公園、
光専寺へ入る
<駐車場>城山公園 5台
<撮影日>2005年3月
<参考文献>『日本城郭大系』8、『高森町史』上巻前篇

【左】南側より城山城方面  松岡城の北約1.5qの所に位置する。 北西から南東方向に約400m、 幅約80mの城域を持つ。周囲からは丘状に高くなっており、南側から見ると光専寺背後の林が 目立つ。

【左上】フルーツライン(城域西側)より  城域北西端部はフルーツラインに面している。 この地は南東の天竜川方向に下っており、高さが一定の城山城の比高は南東側が大きい。
【中上】城山公園より南東方面  以前は小学校があったという広場があり、ここが主郭だった。 現在の公園は二の郭で主郭より高い位置にある。主郭は小学校建設時に削平されてしまったのであろう。
【右上】土塁の一部  主郭南側隅にわずかに土塁の一部といわれるものが残っている。

【左上】光専寺  城域南東端下にある寺だが、江戸期にこの場所へ移されたという。背後の林の中に段郭状の削平地が確認できる。
【中上】公園より北西方面  南東端に主郭、そこから北西に二、三の郭があったという。 現在は耕作地、竹林、神社がある。
【右上】堀切  主郭、二の郭間堀切は小学校、公園とだいぶ人の手が入っているため、痕跡は 認められないが、二の郭、三の郭間堀切は道となって残っている。



城館探訪〜長野県〜へ戻る