城館探訪 〜静岡県〜



城名 場所 歴史 見どころ
磐田市匂坂中匂坂氏の居館 元亀3年、穴山梅雪が入る遺構無し 石碑が建つ
磐田市下野部武田信玄が二俣城攻めの際、ここに本陣を置いた?遺構かどうか不明だが・・・
西側尾根の削平地、土塁
磐田市社山信玄二俣城攻略の拠点きれいに残る帯曲輪
掛川市上土方嶺向武田、徳川両軍の攻防最前線高天神城での凄惨な戦を思いながら・・・
掛川市城内徳川家康の武田氏防御拠点復元天守、江戸時代後期の現存御殿
御殿場市深沢今川、北条、武田氏攻防の城各虎口部分における空堀の工夫
巨大な西側三日月堀
静岡市葵区追手町、駿府町、城内町家康が領国経営の中心として、後には隠居所として築城二の堀、三の堀に残る虎口部分
静岡市清水区江尻町、二の丸町駿河の拠点として信玄が築城 山県、穴山が城主となる現在遺構は無い 地名のみが残る
静岡市清水区谷津町薩た峠の戦いで武田軍方の城だった郭、堀切が確認できるが藪の中
<付 霊泉寺(穴山信君の供養塔)>
静岡市駿河区根古屋信玄が駿河湾の海上権を握る要として築城、後に家康廟所となる断崖の上に立つ縄張り
静岡市駿河区丸子駿府西の守り武田時代の複雑で巧妙な縄張り
<付 誓願寺(片桐且元夫妻の墓)>
静岡市駿河区用宗城山町武田水軍の基地往時を偲ばせる眺め
<付 清見寺(武田水軍 向井正重の墓)>
島田市金谷勝頼の高天神城攻めの拠点巨大な空堀群、扇形の独特な縄張り
沼津市根古屋北条早雲旗揚げの城 武田氏以降も慶長12年まで使用された本丸背後の巨大な土塁
浜松市山東元亀年間に武田氏の支城となる 後に徳川方の城となる城としての遺構は不明 光明寺遺跡の石垣
浜松市春野町堀之内北遠江の雄 天野氏の居城馬出し状になっている東曲輪
浜松市二俣町信玄遠州進出における重要拠点天守台、本丸虎口の石垣
浜松市細江町刑部信玄が三方ヶ原の戦いの後、この付近に陣を張る遺構見あたらず
浜松市元城町家康 駿遠経営の本拠埋門と天守閣資料館
藤枝市田中諏訪原、小山城など大井川西岸の武田軍拠点の中心的役割の城珍しい同心円形式の縄張り
牧之原市片浜小山城から高天神城への中間拠点城域であることがわかる堀切、断崖
牧之原市勝田東遠の名族勝間田氏の居城時代の異なる築城法がここで見られる
三島市山中新田北条氏の対武田、豊臣の防御拠点障子堀、虎口など北条流築城術の粋
焼津市高崎駿河府中への関門西駿河一帯の眺め
庵原郡蒲原町蒲原今川、北条、武田の手に渡った城善福寺曲輪の遺構
周智郡森町飯田山内氏の居城、永禄年間に徳川氏に攻められ廃城大規模な主郭を取り囲む土塁、東側空堀跡
周智郡森町向天方天方氏の居城 武田、徳川両氏の争奪戦が展開した規模の大きい内堀
駿東郡長泉町下長窪今川、北条そして北条、武田の攻防戦城山神社に残る土塁と小学校脇の空堀
榛原郡川根本町東藤川武田氏によって拡張された要衝の城なんといっても重ね馬出し
榛原郡吉田町片岡信玄・家康の攻防戦が繰り広げられた城必見! 三重三日月堀