刑部城





徳川家康が遠江侵攻を開始し、それと共に菅沼氏がここを守った。その後、三方ヶ原の戦いの後、 武田軍がこの付近に陣を張り、信玄が各地の領主らに勝利宣言の手紙などを送った。
現在、遺構は無く地名として城藪という一画が残るのみ。
左の写真はその近くにある小山の金山神社
<場所>浜松市細江町刑部
<行き方>県道261号都田川を渡る落合橋南側信号
<駐車場>金山神社前に1台
<撮影日>2003年6月
<参考文献>『日本城郭大系』9



付近の金山神社周りの風景  田園地帯でのどかな風景が広がる。
落合橋南側の県道沿い歩道に城跡に関する案内板が出ている。



城館探訪〜静岡県〜へ戻る