佐和山城




佐和山城は石田三成の城として有名であり、「三成に過ぎたるものが二つあり、島左近と佐和山城」 と言われる程の城であった。(島左近は三成の側近で武勇知略に富んだ名将) 井伊直政の子直継が 彦根城を築いたとき、 石田色を払拭しようとこの城もだいぶ破壊されたらしい。
しかし城の規模は雄大で私は彦根城のついでに来たのだが、ついででは周りきれないと本丸だけ見て引き返した。
城の搦め手側、湖岸側には三成の本館、家臣の屋敷があった。現在はいくつかの寺があり、その中の龍潭寺 には左の写真、三成像がある。

<場所>彦根市佐和山町(搦め手側)
<行き方>県道517号、国道8号より
龍潭寺、清涼寺方面へ
<駐車場>龍潭寺前に20台
<撮影日>2003年6月


本丸と佐和山城図 この城の大きさが分かった。大手は反対側にある。



本丸より彦根城方面  右上は望遠で撮った天守閣


城館探訪〜その他の県〜へ戻る