多賀城
 たがじょう

《別名》 多賀柵 宮城県多賀城市市川・浮島



多賀城は奈良時代前半に陸奥国の国府として創建され、南北朝頃まで続いた。
仙台平野の北端に位置し、東には国府の港と推定される塩釜の港を控え、仙台から丘陵沿いに塩釜・松島方面へ 向かう旧塩釜街道が通じるなど古くから交通の要衝であった。
9世紀初頭に坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が胆沢城(いさわじょう)を 築くまでは鎮守府も置かれ、東北地方の政治・軍事の中心をなしていた。
「多賀城碑」によると、この城は神亀元年(724)に大野東人(おおのあづまひと)によって造営された。 天平宝字6年(762)には藤原朝獦(あさかり)によって修造された。 さらに宝亀11年(780)には伊治公呰麻呂(これはりのきみあざまろ)の乱が起こり、反乱軍は多賀城を 襲い、府庫のものを奪って火を放ったという。
その後、前九年・後三年の役の際には源頼義や源義家が来て、多賀城を拠点として乱の鎮圧にあたり、文治の役では源頼朝が 立ち寄り、征討後、ここで陸奥国に対する戦後の統治方針を言い渡している。
南北朝の内乱に際しては国府争奪をめぐって南朝方と足利方の激しい攻防が繰り返されている。 その後奥州探題の斯波(しば)氏が大崎地方を根拠地とするに及び、600年以上続いた多賀城は国府としての使命を終える。

【上】外郭南門跡より政庁方面を望む  南門から北の政庁へ一直線に広い道が通じていた。(現在一部が発掘復元されている)  遠くに見える石段を登ると政庁跡の遺構が広がっている。城域は約900m四方で、内部は起伏にとんだ地である。

『多賀城要図』


~政庁跡~


政庁跡は城域の中央部よりやや南東寄りに位置している。周囲は築地で画されており、東西約100m、南北約120mの長方形を なしている。これまでの発掘調査によって政庁跡には五期の変遷があったことが確認されている。


【左】政庁正殿跡
政庁で中心的な建物の跡である。この時期の正殿は礎石式の四面廂付建物で、その南には石敷広場がある。 現在は第二期(8世紀後半)の基壇部分のみ復元表示している。
〔現地解説板〕
【左上】政庁正殿跡と東側築地塀  第二期、東側築地塀脇の政庁東門の位置には東殿があった。〔現地解説板〕
【右上】石敷広場  政庁正殿の南側は石が敷かれた広場になっており、政庁南門まで広がる。

【左上】政庁南門跡  政庁の南正面に開く門跡である。第二期は礎石式の門で、その東西に翼廊が取り付く。現在は基壇部分のみ 復元表示している。〔現地解説板〕
【右上】外郭南門方面  丘の上にある政庁跡を石段で下りて、南へ一直線に続く道(現在発掘中)の向こう側、 やや低い丘上に外郭南門、多賀城碑がある。


~外郭南門~


【左上】多賀城南門跡  多賀城の正門にあたる所。南を区画する築地塀のほぼ中央に位置し、政庁の南方約350mの 所にある。
【中上】外郭南東隅方面  丘になっている部分が南東隅にあたる所。発掘調査の結果、この付近の塀は高さ4.5m程度と推定されている。 現在は発掘調査前の状態に埋め戻して保存している。〔現地解説板より〕
【右上】多賀城碑  碑文の内容は二つの部分からなり、前半は多賀城の位置を京や国境からの距離で示している。後半は多賀城が 神亀元年(724)に大野朝臣東人によって設置されたこと、天平宝字6年(762)藤原恵美朝臣朝獦によって修造されたことが 記され、最後に碑が建てられた年月日が刻まれている。
碑文の内容から藤原恵美朝臣朝獦の業績を顕彰するために建てられた多賀城の修造記念碑とみることができる。
多賀城碑は、群馬県吉井町の多胡碑、栃木県湯津上村の那須国造碑とともに日本三古碑のひとつ。
〔現地解説板 多賀城市教育委員会〕
厳重に現地保存されている。東北歴史博物館に見やすい復元展示がある。
(重要文化財)


~作貫地区(さっかんちく)


この地区は政庁の東に位置し、奈良・平安時代には、陸奥国府の主要な役所として使われており、その建物や塀の跡などが多く残っている。 また中世には豪族の居館として、江戸時代には塩釜神社の神官の屋敷として使われ、当時の建物跡や土塁、堀跡なども残っている。
〔現地解説板より〕


【左】北側より作貫地区方面  この地区も丘上にあり、手前には空堀、土塁が通っている。
【左上】役所建物跡 基壇復元  さらに奥の方へ続いており、かなりの広さを持っている。南隅に立つと外郭南門方面まで 見晴らしがきく。
【右上】空堀跡  発掘された空堀跡で、この部分だけ覆屋で保存展示されている。


~大畑地区~


大畑地区は城域の北東地域一帯で、この部分の比高は比較的高く、丘状にはなっていない。
外郭東門周辺の所でもあり、この広い土地には役所群が配置されていた。写真奥の土塁上のものが東門の周囲を囲む築地塀。

【左上】外郭東門跡(奈良時代)  東門は国府多賀城と国府の津(塩釜港)を結ぶ最もにぎわった門であった。奈良時代にこの場所に建てられ、 大きく3時期の移り変わりがあった。平安時代になると、約80m西に移された。
ここは第二期の門を推定復元し、60cmの(柱の)高さまで表示した。〔現地解説板〕
【中上】外郭東門跡(平安時代)  第三期のある時期(平安時代初め頃)にこの場所に移された。正面9.4m、奥行き5.5mの瓦葺き の八脚門である。門に取り付く築地塀は、幅2.7mで2度の造り替えがある。築地塀が内側に折れ曲がる位置には櫓が建てられていた。 〔現地解説板〕
【右上】役所群の北門  平安時代には、ここに門があった。多賀城内で最も広い役所群の北側の出入口。
この門の両側には、丸太材を立て並べた材木塀が造られていた。現在は、門の柱や壁の位置、建物の大きさ、塀の位置などを示している。 〔現地解説板〕


~感想~
古代城柵は初めての訪問であったが、城域の広さ、土地の起伏の激しさは、実際に行ってみないとわからないものだと感じた。
発掘調査が進んで外郭南門から政庁に至る大通りが、全貌を現したら壮観な眺めとなりそうだ。
現在も発掘調査を進めながら、史跡公園として整備されているため解説板も充実しており、歩いてまわる時間をとって 散策するのにはいいところである。


行き方 県道35号市川橋(砂押川)西側の二又を北へ入り約600m先、多賀城神社手前を右折し、
市川地区集会所方面へ
駐車場市川地区集会所前、東門跡北側 各10台以上
撮影日2006年9月
更新日2006年10月12日
参考文献 『日本城郭大系』8
参考サイト東北歴史博物館 多賀城史跡めぐり」