花咲城
はなさきじょう

《別名》 花咲撞鐘堂 大月市大月町花咲



歴史の詳細は不明で、『甲斐国志』では鐘を撞く場所ではないかと推定している。
しかし、『都留市史』の中で松岡進氏は、伝承で屋敷跡といわれており、南直下に集落を望む低丘陵の先端部に位置し、 遺構の規模の小ささ、構造の簡易さから「集落に密着した築城者を想定するのが自然」とされている。


【左】南方、笹子川対岸より
南側直下を中央自動車道が走り、ギリギリ破壊を免れたものの、背後からはゴルフ場への アクセス道からなぜか主郭へと車道を造られ、主郭背後は完全に破壊されてしまっている。

【左上】尾根先端部から岩殿城、大月市街方面  北東約3qの位置に岩殿城があるのだが、 手前の山の陰になってしまっている。
【右上】主郭  中央道の通過に伴って社地を失った金比羅・諏訪・弁財天などの諸社が移し祀られている。
背後に土塁、そして堀切の痕跡が確認できる。また、主郭の南側から東側にかけて帯郭がある。


【左上】主郭土塁の背後  グリーンのところが造成された車道で、二の郭以降を削り落としてしまっているようだ。 左側の切岸状の部分が僅かに残された元の郭の高さと思われる。
【中上】主郭方面、背後より  車道の造成は土塁のところまででストップしている。
【右上】堀切跡より西側下部  腰郭が確認できる。『大系』では城域は主郭背後の堀切で終わりとなっているが、 『都留市史』によると二の郭とその背後に堀切があったようだ。


〜感想〜
現在残る土塁の規模、二の郭残存部からすると、かなり大きな堀切があったようだ。『大系』では幅9m、深さ1.5mの規模と 記録している。
周囲の視界が悪いにもかかわらず、烽火台、鐘撞場所等の伝達施設があったとする所は、私の行った所でも 船津鐘撞堂古渡城山等があり、いづれも『甲斐国志』の推定の影響があるようだ。
伝達施設が必ず見晴らしの良い場所にあるのかということはまた一つの疑問だが、単純に考えると在地小領主の城と 考えるのが妥当と思われる。


行き方国道20号大月インター入口信号の 西側約200m、西方寺方面へ入る。
西方寺の裏側に中央道をくぐるトンネルがあり、そこを抜けてすぐ右へ。
中央道沿いの尾根先端部から遊歩道が付いている。西方寺より主郭まで約10分。
駐車場西方寺駐車場借用 10台
撮影日2006年8月
参考文献『日本城郭大系』8
都留市史編纂委員会編『都留市史』資料編 古代・中世・近世1 都留市 1992年