蜂城
はちじょう

笛吹市一宮町一ノ宮



蜂城の詳細については不明である。『甲斐国志』の岩崎氏館跡の項で、蜂城について栗原氏の城であったように暗示している。
『大系』では、『甲斐国志』が岩崎氏館の項で蜂城に触れており、蜂城が栗原氏以前には岩崎氏の詰城であったと考えてもよい のではないかと推定している。

【左】蜂城 西側麓より
西側の尾根が比較的緩やかなため、登山道もこちら側についている。山頂には天神社が祭られている。
遺構は盆地側の北斜面に集中し、階段状に郭が連なり竪堀も確認できる。

【左上】北斜面階段状の郭  登山道を登ってきて、山頂近くになると左側に確認できる。階段状になっており、奥行きはあまり無いものが ほとんどだが、長さは東斜面方向へ50m以上続くものもある。
【右上】山頂主郭部  天神社があるため改変を受けた可能性もあるが、鳥居手前に帯郭が取り巻き、 背後には社を囲むようにコの字状の土塁がある。

【左上】社東側面土塁  藪の為写真だと分かりづらいが、背後にかけて土塁が高くなっており約2mはある。
【右上】主郭背後の堀切  土塁を越えるとイッキに10m程下り、尾根には3条の堀切が確認できる。



【左】主郭より北側の眺め
甲府盆地一帯が見渡せる。写真正面奥に独立した小山「塩ノ山」が見え、その手前が塩山になる。
麓には岩崎氏館があり、 その先に日川が写真を右から左へ流れている。その日川沿いに写真からは少し外れて勝沼氏館栗原氏館がある。

〜感想〜
山梨県内では数少ない本格的な山城だが、山頂に主郭を置き、北斜面と背後に防御のための普請を行っただけの城である。
階段状の郭、竪堀も機能的に配置されているようには感じなかった。
岩崎氏、栗原氏は武田氏の親族であり、甲斐の中でもかなりの実力者だった。守護武田氏と守護代跡部氏との戦いが続いた15世紀半ば、 岩崎氏は長禄元年(1457)と同二年の戦いで、一族の大半が戦死した。
そのため初期には岩崎氏が詰城として使用し、その後栗原氏によって使用された可能性は大きいと思う。


行き方県道34号を南下、中央道をくぐって小さな橋を わたるとすぐ左手に蜂城山天神社案内板があり左折。
道なりに800m程進むと、広い農道に出る。正面が登山道入口。(途中案内板有り)
そこから徒歩約30分。
駐車場無し 路駐スペース有り
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8
参考サイト史跡訪問