日ノ出城

ひのでじょう




室町時代の初期応永、永享年間(1394〜1433)の頃、武田信長と「日一揆」とよぶ 小豪族連合が結んで、武田氏再興の拠点として日ノ出城は使用された。
甲斐国守護武田信満が 上杉禅秀の乱に加わって翌年敗死すると、武田惣領家の勢力は後退する。 それに代わって一族の逸見有直が甲斐を支配していく。信満の子 信重は甲斐を離れ 高野山へ 入り、時期到来を待つことになる。この間、信重の叔父信元が甲斐守護となり、信重の弟 信長の子伊豆千代丸が跡を継ぐが、実権は逸見氏が握っていた。
信長は勢力を回復するため逸見氏、守護代跡部氏と戦う。 しかし、跡部氏と連合した「輪宝一揆」らと信長、日一揆勢は永享5年(1433)荒川原で の戦いで大敗を喫し勢力は壊滅、日ノ出城も廃墟となった。
その後、天正10年(1582)天正壬午の戦いで 新府城にいた徳川勢が備えの 一つとしてここを修築した。

『日ノ出城付近図』



<場所>韮崎市穂坂町三之蔵
<行き方>県道616号鷹巣橋から東へ約900m
神明神社裏手より坂道を上り案内板を左折
中央道跨線橋「砦橋」付近
<駐車場>中央道跨線橋 日ノ出城碑脇 1台
<撮影日>2005年1月
<参考文献>『日本城郭大系』8

【左上】日ノ出城南側 鷹巣橋より  塩川と日之城沢との合流地点に位置しており、三方を断崖 に囲まれ、北側のみ茅ヶ岳山麓の緩やかな傾斜地となっている。
【左】日ノ出城碑  城域を南北に中央道が分断しており、「砦橋」が東西を結んでいる。 その橋の東側に碑が建っている。

【左上】砦橋西側より本丸付近  現在本丸付近は車のスクラップ場、他の部分は耕作地、荒地と なっている。中央道による破壊と開発の波をもろに受けてしまった城である。
【中上】城域西側  中央道より西側北部は断崖で遮断されて近づけなかった。しかし、 空堀の断面と思われる窪地が3カ所ほど見て取れる。唯一遺構の遺っている場所。
【右上】空堀跡  西側の空堀から東へ中央道を越えた延長線上にあたる場所。スクラップ場と 耕作地の境になる。略図と照合すると二の丸北側の空堀にあたると思われる。

【左上】城域西側南部  一部耕作地であるが、現在はほとんどが荒地と化している。密集した竹藪など まったく入る隙もない・・・
【中上】西端からの眺め  塩川の向こうに韮崎市街地が広がる。
【右上】大手門付近  遺構は何もないが城域の大きさがわかる。

日之出城石碑脇の略図を見ると城域一面桑畑だったようだが、現在はかなり変わってしまっている。 荒地化が進んでいて、簡易舗装された歩道を進むのもままならない有様である。 中央道西側が顕著で遺構の破壊はもちろん残念だが、そんな農業問題の現状もかいま見られる日ノ出城 である。



城館探訪〜山梨県〜へ戻る