城館探訪 〜山梨県〜



城名 場所 歴史 見どころ
上野原市上野原古郡氏の館、後に加藤氏の館遺構無し 解説板有り
上野原市大椚甲相国境、街道の押さえの為の砦遺構無し 解説板有り
上野原市大倉甲相国境、北側の砦南側一帯の眺め
上野原市四方津甲相国境の烽火台上野原周囲を見渡せる眺め
上野原市四方津甲相国境の砦6条の規模の大きい堀切
上野原市鶴島・四方津甲相国境の砦・物見台等の様々な役割を担っていたか鶴島には遺構らしい遺構はなし・栃穴は尾根上に削平地、堀切有り
上野原市松留詳細不明 規模の大きい館跡正法寺北側の土塁
大月市大月町花咲小領主の城か鐘撞堂か背後の土塁
大月市七保町駒宮奥多摩・上野原方面の監視拠点か主郭・西郭南側下の枡形状遺構
大月市賑岡町岩殿武田三名城の一つ 甲斐の東側防衛の拠点「鏡岩」とよばれる南側大岩盤
甲州市塩山下於曽加賀美遠光の四男、五男が於曽氏を称し、ここに屋敷を構えた周囲を囲む規模の大きい土塁
甲州市塩山千野甲斐源氏12代武田信春の館遺構なし 武田信春墓地がある
甲州市勝沼町勝沼信玄の叔父信友、その子信元の館大規模発掘調査済み 案内板が完備され中世の館のイメージ作りにオススメ
甲州市勝沼町下岩崎信光の子、信隆が岩崎氏を名乗った有力氏族の館か遺構は無いが段丘崖から道となっている東西の堀跡
甲府市上積翠寺町躑躅ヶ崎館の詰城、信玄誕生地8カ所の門跡 竪堀の側面補強の石垣 人の手が入っていない支城熊城
甲府市古府中町武田信虎、信玄、勝頼の本拠地館の周りを囲む巨大な土塁、堀。そして信玄ファン必見の宝物館
甲府市中道町上曽根油川信恵・繩美の拠点 その後今川氏、徳川氏の拠点ともなった耕作地に残る郭、土塁の遺構
甲府市中道町下曽根武田氏親族衆下曽根氏の館跡実際寺南側に残る土塁
甲府市丸の内武田氏滅亡後に建設された近世城郭近世城郭らしい石垣、縄張り
甲府市湯村躑躅ヶ崎館防衛、情報収集の最終拠点盆地一帯の眺め 西側帯郭の石塁
都留市金井郡内小山田氏の居館東西の天然谷、それを結ぶ堀跡がわずかに確認できる
<付 桂林寺(小山田氏の墓)>
都留市川棚・上谷、中央小山田氏3代の居館から江戸中期まで使用された城麓を取り巻く巨大な堀 本丸下の石垣
都留市鹿留武田氏時代の烽火台から北条氏時代の関所か主郭周辺と南側郭群との構造の違い
都留市下谷小山田氏によって造られた烽火台か周囲が見渡せる見通しの良さ
都留市与縄詳細不明 小山田氏に関係する館か館東西にある巨大な堀跡
韮崎市旭町上条北割武田信義の嫡子一条忠頼の次子行忠に始まる甘利氏の館跡遺構は見あたらず 遺徳碑が境内に建つ
韮崎市神山町武田甲斐源氏清光の子信義が拠った地遺構は見あたらず
<付 願成寺(武田信義の墓)>
韮崎市神山町鍋山信義の要害城良い状態の遺構と凝った縄張り
韮崎市中田町勝頼最後の大仕事 普請奉行真田安房守昌幸土塁、堀、曲輪を複雑に機能的に配した巧妙な縄張り
韮崎市穂坂町三之蔵武田信長、日一揆が拠った城三方の断崖 中央道西側北部に残る空堀断面
笛吹市石和町小石和甲斐源氏14代武田信重の館遺構無し 信重の墓がある
笛吹市石和町八田江戸期以降も続いた八田氏の屋敷跡忘れてならないのは北面の土塁。他に書院、表門
笛吹市一宮町一ノ宮岩崎氏、その後栗原氏の詰城か主郭背後の土塁、北斜面に広がる階段状の郭、竪堀
笛吹市八代町北甲斐源氏11代信成の館か15代信守の館か?北、西側に残る土塁、堀跡
笛吹市八代町高家穴山氏の居城 後に徳川氏が対北条勢に対峙するため改修方形館の意表をつく大規模な土塁、空堀
富士吉田市新屋駿河勢が侵入し、ここに立て籠もった南北それぞれのピークにある郭とその周辺
北杜市大泉町谷戸義光の孫、逸見黒源太清光の居城か主郭周辺の大規模な土塁
北杜市小淵沢町下笹尾信濃と甲斐の国境線の砦主郭西側の土塁
北杜市須玉町江草のろし台中継地 天正壬午の戦いで北条勢の陣地だった城内各所で見られる石積み
北杜市須玉町上津金津金衆の要害、のろし台ルートの一つ二つのピークにある郭と復元のろし台
北杜市須玉町上津金武田氏武士団の一つ津金衆の本城屋敷西側の空堀が唯一の遺構
北杜市須玉町若神子信濃への道の要 新羅三郎義光伝承の地北条軍が築いた堀 復元のろし台
<付 正覚寺(義光菩提寺)>
北杜市高根町村山北割武田氏の烽火台、後に北条氏によって改修土塁、空堀によって囲まれた山上の郭
北杜市長坂町大八田逸見氏代々の館か堀内某の館か・・・空堀、土塁共に見ごたえのある規模で残っている
北杜市長坂町長坂上条長坂氏の館、後に北条氏が修築藪の中に残る堀、土塁、虎口
北杜市白州町白須馬場美濃守信房の屋敷跡 自元寺付近といわれる自元寺内にある馬場信房の墓
北杜市武川町三吹武川衆が拠った砦非常に良い状態の南側丸馬出し 大展望
南アルプス市加賀美甲斐源氏清光の三男加賀美遠光の館跡現在法善寺の寺域 南、西面に堀跡と思われる用水路が通る
山梨市三ケ所詳細不明 古屋氏の屋敷か御蔵の庁所か広大な屋敷跡を囲む土塁、堀
山梨市下栗原武田氏親族であった栗原氏の館跡大翁寺北東側にある巨大な土塁の一部
山梨市牧丘町武田氏、徳川氏と雁坂口の守衛として使用巨大な内堀跡と一部に残る外堀跡
北都留郡小菅村川久保武蔵国へ通じる道筋を扼する砦城域西側の堀切
南巨摩郡南部町南部詳細不明 南部氏の詰城、武田氏時代の烽火台か北尾根にある二本の土橋を渡した堀切
南巨摩郡南部町南部加賀美遠光の三男光行がここに移住した時の館居館跡に残る井戸
南巨摩郡南部町福士旧河内路(駿州往還)を見下ろす関門主郭虎口 南の曲輪の畝状竪堀
南巨摩郡南部町万沢甲駿国境にまたがる要衝の城四方に利く見晴らしの良さ 森林公園内の時代不明の遺構
南巨摩郡身延町梅平波木井実長の屋敷跡か栃久保沢の深い谷と波木井川の段丘に守られた地
南巨摩郡身延町下山下山氏の館、後に穴山氏の館となる遺構は残っていない
<付 最恩寺(穴山勝千代墓所)>
南巨摩郡身延町波木井波木井義実の居城石碑だけが当時を偲ばせる
南都留郡忍野村忍草富士吉田と山中を結ぶ烽火台烽火台としてはしっかり確認できる郭、堀切、虎口
南都留郡富士河口湖町船津この周辺の烽火台の中心的存在か周囲一帯を見渡せる展望地
南都留郡富士河口湖町御坂峠北条氏による対徳川氏の城特異な構成。複雑、大規模な空堀
南都留郡富士河口湖町本栖甲駿国境にある国境警衛の中心地深く険しい堀切 南麓の石塁遺構
<付 石塁遺構>