浄古寺城
 じょうこじじょう

《別名》 中牧城・東郡城 山梨市牧丘町城古寺



伝承では鎌倉時代この地に安田義定の居館があり、その後二階堂氏が修築したといわれるが定かではない。
天文年間(1532〜55)に武田氏からこの付近に所領を与えられた大村氏が修築したといわれ、史料は乏しいながらも、 大村氏が秩父往還雁坂口を守衛していたことにより、浄古寺城との関係性が指摘されている。
その後、天正17年(1589)に徳川家康は、保科弾正直正に城の普請奉行を命じて修築させ、城代として内藤三左衛門信成 を配置したことが「寛政諸家系図伝」等に見える。

【左】櫓台か  主郭の南西端が小高くなっている。内部は踏査できなかったが、耕作地になっているため改変は受けていると思われる。

『浄古寺城要図』


【左上】内堀 西側  左側切岸の上が主郭。堀は畑となっているが残存状況はよい。
【右上】内堀 北側  写真奥の東側は道を挟んで堀がややズレながらも連続している。東側は段丘崖に面しているため竪堀状に斜面を落ちていく。


【左上】外堀 西側  水路が通っているが両側は畑・道路になっている。南へと高度を下げていく。左側切岸上が主郭方面であり、切岸の高さは約6m。
【中上】外堀 北側  現在道となっている。主郭を南北に貫く道を境に東側は急な下りとなる。
【右上】南東側 八幡神社  二の丸内に諏訪神社として存在していたという。武田氏時代から城内鎮守社として祀られていた。 〔現地解説板〕


【左上】八幡社東側下  切岸下の現在畑となっているところが外堀跡といわれ、その痕跡は南へ100mほど確認できる。
【中上】八幡社方面 南側より  八幡社から南側は傾斜地となって下っている。大木があるところが八幡社。
この周辺が二の丸跡といわれる。さらに下るとやや段差を持った部分が東西にはしっており、下に三の丸が続いていたようである。
【右上】八幡社より塩山方面  東側から南側にかけては下っているため、見晴らしが利く。ちょうど 躑躅ヶ崎館から笛吹川右岸を 通って雁坂峠を越える秩父往還を一望できる位置である。また、要害城から 太良峠を越え西保の小田谷を鼓川沿いに下る秩父脇往還と秩父往還とが城域南側で合流する地点でもある。


〜感想〜
現在城域内部は宅地や耕作地(特に果樹園)が多く、完全な踏査はできなかった。『大系』、『県史』によると主郭の北西部は 土が一段高く盛られて天守台が築かれているという。主郭の虎口は現在道が通る北側と西側の2箇所で、西側にも土橋がかかっているという。
現在の遺構は徳川氏による天正17年の改修によるものと考えられ、当時の徳川氏の築城技術等がわかる貴重な城といえる。
とはいえ、遺構は『大系』の頃(1980年)から見てもだいぶ消滅したと思われ、これ以上の破壊がないよう願いたい。

この城の性格としては秩父往還の監視が挙げられる。段丘の上にあるため見晴らしが利く。また、城域の規模の大きさから、 この塩山周辺地域の拠点として、徳川氏は考えていたのではないだろうか。


行き方 県道210号、牧丘一小南側を西(堀の内団地方面)へ入る。約500m先段丘を登った左側に
八幡神社がある。
駐車場八幡社 駐車スペース3台
撮影日2007年4月
更新日2007年5月30日
参考文献『日本城郭大系』8
山梨県編『山梨県史』資料編7中世4考古資料 山梨県 2004年
参考サイト史跡訪問」 「城と古戦場