加賀美氏館(法善寺)
 かがみしやかた(ほうぜんじ)

山梨県南アルプス市加賀美



この館は加賀美遠光の館跡で、現在の法善寺の寺域であるという。ここはかつて加賀美荘とよばれた 地域で、東に釜無川、西に滝沢川が流れ、この二つの川に挟まれた平地が水田地帯として開けた。
加賀美遠光は甲斐源氏の祖、新羅三郎義光の曾孫にあたり、三代清光の三男である。 源頼朝の挙兵以来、甲斐源氏の有力な武将として多くの功績をあげたが、 甲斐源氏の台頭は頼朝にとって危険なものと感じられ、、勢力を巧みに排除されていく。 清光の次男武田信義の子、一条忠頼が謀殺され、 信義は第一線を退き、遠光の子である秋山光朝も死に追いやられた。 その中で遠光は長寿を全うし、弘長元年(1261)に没した。


【上】法善寺本堂  遠光の菩提を弔うために、孫の遠経が再興したという法善寺。 武田八幡宮の別当寺を務めるなど、 武田氏ともつながりがある。
信玄の時代にも越後侵攻の成功祈願、上洛祈願など祈願所としての役割を担っていた。

【左】二天門  寺域の南東にあり、江戸期の古い門である。
門の前には用水路が通っており、かつて堀があったと思われる。
【左上・右上】鐘楼  建築年代未詳であるが、室町時代の鐘楼の形式を遺したものである。 平成7年に解体修理が完成し、屋根は寄棟造の茅葺きから、入母屋造の銅板葺きに変えられた。

【左上】南側用水路  【右上】西側用水路
館跡ということを偲ばせる唯一のものはこの用水路である。寺域の南面と西面を囲んでおり、 方形の館で堀がめぐらせてあったことを窺わせる。


行き方県道12号加賀美信号の南側の脇道を入る。 すぐ右折した突き当たりが法善寺
駐車場法善寺南西隅に駐車場有り 4台
撮影日2004年8月
参考文献『日本城郭大系』8
秋山敬『武田信玄を歩く』吉川弘文館 2003年