駒宮砦
こまみやとりで

《別名》 御前平の烽火台 大月市七保町駒宮・浅川・葛野



『甲斐国志』には「御前平」として記載され、烽火台跡と推定されている。
築城主体・年代等は不明であるが、南方にある岩殿城との位置関係から 「小菅・丹波山地域と岩殿城を結ぶ烽火台的役割」と 「栃穴御前山砦牧野砦長峰砦大倉砦と同様に岩殿城の北面の守りとして築かれた砦」 〔『大系』・『県史』〕と考えられている。

【左】駒宮砦 北側より  葛野川と浅川川が合流する地点の天神山山頂に位置する。
葛野川を遡っていくと松姫峠を越えて、小菅村・丹波山村・奥多摩町方面へと通じる。 また、浅川川沿いの道を東へいくと浅川峠を越えて長峰砦・大倉砦方面へと通じている。

『駒宮砦要図』



【左上】城域東側切岸  尾根続きの東側から尾根先端方面に来ると上幅約7mの堀切が現れ、城域に入っていく。
【中上】主郭  郭が3つ並んでおり、最も高い場所に位置する中央部が主郭と思われる。北側を除く周囲に土塁が廻らされている。 南側下の腰郭へ通じる所は土塁が切れている。
【右上】西側の尾根先端方面  西端の堀切を越えても、高度はやや下げていくが約100m程平坦地が続いている。


【左上】西郭の南下にある堀状遺構  外側の土塁部分は30p高程しかないが、窪地になっていることは確認できる。
【中上】天神峠  駒宮砦の北東下にある駒宮集落から天神峠を越えて、浅川川方面に通じる道がある。砦へ行くにはこの峠から 尾根上を西へ約300m。
【右上】天神峠より駒宮集落方面  谷の部分に葛野川が通っている。写真は上流方面となる。


〜感想〜
下に遺構についての感想を書いているが、駒宮砦は防御遺構がかなり精緻に造られていると思った。
交通路を見ても、奥多摩を経て関東へ通じ、浅川川上流方面から上野原方面とも密接に繋がっていたと思われる。
そういった点から単なる烽火台としてではなく、関東方面からの侵攻を監視する重要拠点であったのではないだろうか。

尾根上に3つの郭が連なり堀切で防御をしている構造だが、主郭南下の腰郭と西郭南下にある堀状遺構が興味を惹く。 主郭南下の腰郭は虎口を防御するためと思われ、東側尾根からの道がここに通じており、西郭との連続性も認められる。
西郭南下の遺構に関してはどのような機能を持っていたのか判断しかねるが、『県史』ではこの遺構内部と西郭の南辺に 「こぶし大から人頭大の石が集積され」ていて「つぶて」として利用するために用意したものかと推定されている。
礫の集積は気がつかなかったが、これが本当だとすると西郭南側・西側の堀切方面からの攻撃を想定し、かなりそのことを重視 していたことになる。
私が思うには主郭下腰郭にも土塁が残存していることから考えると、同じように西郭の虎口を防御する枡形だったのでは ないだろうかと考える。


行き方 国道139号駒宮集落入口案内板を入る。葛野川を渡り駒宮神社方面へ。神社の先に天神峠案内板が
あるので、指示に従い 山道を登り、峠の尾根を西方向へ約300m。国道から徒歩約20分。
駐車場国道沿い駒宮入口より200m北  駐車スペース2台
(駒宮集落内・駒宮神社付近狭い道の為、入らないほうが無難かと思います)
撮影日2007年4月
更新日2007年5月12日
参考文献『日本城郭大系』8
山梨県編『山梨県史』資料編7中世4考古資料 山梨県 2004年
大日本地誌大系45『甲斐国志』第二巻 雄山閣 1970年
参考サイト史跡訪問