甲府城
 こうふじょう

《別名》 府中城・舞鶴城 甲府市丸の内



この地はもともと一条小山という自然の独立した丘があり、そこには鎌倉時代の初期に武田信義の子である 一条忠頼の居館があったという。
天正壬午の乱が徳川家康の勝利に終わり、甲斐国は徳川氏の支配下になった。甲斐には平岩親吉が入国し、甲府城は親吉によって 計画され、天正11年(1583)築城が開始されたといわれる。
天正18年、家康が関東転封になった後は、城主がめまぐるしく変わっていき、慶長5年(1600)頃に浅野氏によりほぼ完成したと 考えられている。
江戸時代には徳川家一門が城主となり城番・城代制がしかれた。宝永2年(1705)には柳沢吉保が城主に任ぜられ、城の改修・改築を を行い、城下町の体裁も一新し大きく発展した。
享保9年(1724)に吉保の子吉里が大和郡山に移封され、それ以後は天領として甲府勤番支配を置いた。享保12年、郭内の 屋敷からの出火によって、本丸以下ことごとくが焼失してしまった。
明治時代に入って廃城となり、建物は取り壊されたり、他に移されたりした。明治37年には舞鶴公園として開放され、昭和43年には 県の指定史跡となる。
平成2年からの舞鶴城公園整備事業によって改修、整備、門や塀の復元、稲荷櫓の建設が行われた。

【上】南側大手より本丸方面の眺め  石垣が見事である。また、復元されたばかりの白壁がまたきれいだ。

『甲府城案内図』


【左上】南側水堀  現在唯一残っている堀が南側部分である。市街化によって次第に城の姿は消失していき、 城域の中心部が何とか残ったが、本来はさらに広い城域をもっていたのである。
【右上】本丸より天守台  天守自体が造られたのかどうか定かではない。

【左上】天守台より西側の眺め  直下が本丸。きれいに公園として整備されている。
【右上】南側の眺め  直下が本丸をとりまく天守曲輪、その下には鍛冶曲輪とその先に水堀がある。

【左上】北東の眺め  稲荷曲輪とその隅に建っている稲荷櫓。江戸時代には武器蔵として使われた。 明治初年まで残っていたことが古写真などでわかっており、平成16年に遺構や残っていた絵図、史料などをもとに、できるだけ 当時の姿に復元した。〔現地解説板〕
【右上】内松陰門(うちまつかげもん)  屋形曲輪と二の丸をつなぐ門。明治の初めまでは残っていたものを 絵図や発掘調査の成果をもとに、平成11年に復元。〔現地解説板〕


〜感想〜
甲府城築城のため、この地にあった一蓮寺光沢寺信立寺 などは現在地に門前町ごと移された。
山梨県内では数少ない近世城郭の一つであり、現在の甲府市街地を形成するのに影響を深く及ぼした城下町を持っていた。
中心部だけでも遺構が残ったことを喜ぶべきか。各所の枡形虎口の構造は高度な技術、工夫がみられ、一番の見所だと感じた。


行き方甲府駅南側
駐車場駅付近の有料駐車場利用
撮影日2006年6月
参考文献『日本城郭大系』8