古渡城山
 こわたじょうやま

都留市鹿留



古渡城山について詳細は不明であるが、『甲斐国志』において谷村と 吉田、船津の間をつなぐ烽火台と位置づけている。
しかし、『都留市史』で田中祥彦氏は「武田氏滅亡後の北条、徳川両氏の争いの時、北条氏が徳川氏に対する備えとして、 街道遮断のために築いた」とされている。


【左】北西側より古渡城山  鹿留川が城域直下を蛇行しているため、反対側の南東方向からのみ入れる。また少し北には桂川が 流れており、城の北東側で合流している。
要害の地ではあるが、比高が小さく周りの山に取り囲まれているため、正面以外は視界が悪い。


【左上】主郭  西側一帯に土塁が確認できる。また、神社を囲むように土塁があるが、神社建設時のものである可能性がある。
【中上】主郭北側  尾根先端部。鉄塔が立っているため、改変を受けたと思われる。そのおかげで樹木の遮りもなく、 都留市街方面の見通しがきくのだが、谷村の烽火台はもちろん、 勝山城も山の陰になってしまって見えない。
【右上】主郭南側  主郭への進入路にあたる所には広大な平坦地が広がる。主郭との境には堀切が確認できる。

【左上】東支尾根方面  主郭南側の平坦地から東へ支尾根が出ており、そこにも削平された形跡がある。 写真ではわかりにくいが一度堀切状に低くなってから、先端部方面がまた高くなっている。 周囲は切岸となっており先端部に腰郭がある。
この支尾根部分は『大系』では城域としていないが、『都留市史』ではこの部分に注目しており、当時街道がこの低くなった部分を 通っていて、関としての役割を担っていたのではないかとしている。
【右上】左上写真反対方向より  写真奥の上の方が主郭南側の平坦地で、手前に腰郭が支尾根方向に続いている。支尾根上部が 藪になっているため、あまり状況がわからないが、周囲の切岸はしっかり確認できる。


〜感想〜
古渡城山から勝山城へと狼煙をつなぐといわれるが、尾根先端から勝山城は見えなかった。狼煙が上にあがれば見えるのだろうが・・・
主郭部分と堀切より南側部分の構造とは、普請された時代が異なる印象を受けた。
南側部分の広大な郭は北条氏による旭山砦若神子城などに似た郭があり、武者だまりであろうか。 そして城の中に街道を通す手法も御坂城などに見られる。
主郭部分については平虎口、自然地形を利用した削平地でもあり武田氏時代以前のものと思われる。 ただ神社があるため改変を受けた可能性もあり断言はできない。
小山の頂上部の主郭を中心とした武田氏の時代から、北条氏が郡内に入り拡大改修を行って南側の城域が加わり、 現在見られる遺構になったと感じた。というわけで私個人の観点からも『都留市史』の街道遮断説は理解できる。


行き方国道139号古渡入口の案内板を入る。 T字路を左折し古渡橋を渡り直進、突き当たりを左折し、
行き止まりの所、左側に登山口。神社のある主郭まで約5分。
駐車場古渡橋を渡った所の小公園脇に路駐、 もしくは国道沿いの店の駐車場借用。
撮影日2006年8月
参考文献『日本城郭大系』8
都留市史編纂委員会編『都留市史』資料編 古代・中世・近世1 都留市 1992年
参考サイト城と古戦場