本栖城
 もとすじょう

《別名》 本栖の城山 南都留郡富士河口湖町本栖



本栖城に関しての詳細は不明だが、武田氏による領国支配の確立し始める頃から、甲駿国境の城として築城されたと思われる。 天正10年(1582)の武田氏滅亡後、 徳川・北条両氏が武田領をめぐって対峙した時(天正壬午の乱)にも、徳川方から差し向けられた 武田氏の旧家臣渡辺因獄佑がここに拠っている。
甲斐と駿河を結ぶ中道往還が山裾を通過していることから、関門としての役目を果たした砦であったと考えられている。
また、本栖城南麓や青木ヶ原には信玄時代に国境警衛の軍事施設として築かれたと推測される石塁がある。

【左】本栖湖南岸より  烏帽子岳から青木ヶ原に向かって東へ突き出た尾根の先端に城山があり、そのピークを中心として 城域がある。


【左上】城域東側堀切  尾根先端麓から登山道が付いており、尾根を西へ進むと堀切が現れる。岩を砕いて普請されたところもあり、 かなり厳重な防備を施している。
【中上】東郭  主郭東側下と西側下に広い削平地があり東側の郭は東西20mはある。やせ尾根のため幅には限界があり、10m程となっている。
【右上】主郭東側下  主郭へは右側から回りこむように入っていく。


【左上】主郭切岸部の石積み  規模は小さいが所々に確認できる。同じような大きさの溶岩を用いている。
【中上】主郭  東西約30m南北約10m。土塁は確認できないが、やせ尾根上にしては広い郭である。
【右上】主郭より南方向の眺め  中道往還が樹海の中を富士宮方面へ向かっている。


【左上】西郭より主郭の切岸  約5mの高さがあり、西郭も東西20m程の広さを持つ。
【中上】のろし台部分  西郭の西隅に案内板が立っており、のろし台と書かれている。溶岩の石積みでL字に区切られており、 そのように推定されているようである。
【右上】城域西端部の切岸  西郭より先は一人がやっと通れるようなやせ尾根と深い堀切が続き、東側よりさらに防御が厳しい。 西端部の堀切から先は高度を上げていき、烏帽子岳へと行く。また、南側へ支尾根があり、ここを下りていくと「東海自然歩道」に 出られる。(西郭より先は道としては整備されておらず、両側は崖に近い斜面が続いているので要注意。)


〜南麓の石塁遺構〜

本栖城の登山口から西の本栖湖方面へ東海自然歩道を歩いていくと、左側に石塁が確認できる。何のためのものなのか見解は いろいろ分かれているようだが、「城山を中心センターに置く、中道防御の国境警衛のための軍事施設」〔上野晴朗「信玄の城塞戦略」〕 という説に説得力がある。
【左上・右上】石塁遺構  まるで万里の長城のように続いている。高さは約1m平均のものがこの付近で確認できる。 所々で円形や四角形に囲んだ部分もあり、何のためのものか想像しがたい。

【左上・右上】L字型の石塁遺構  自然歩道を遮るように造られている。この部分の溶岩は扁平に加工してあるものを使用しており、 高さは最大部で2mくらいある。ここは枡形のようなものであろうか。


〜感想〜
本栖城はやせ尾根に造られた割には、郭が広くその前後にある堀切は規模が大きい。駿河との緊張関係がある時代に重要な役割を 果たしたと思われる。ただ、天正壬午の乱の時にも使用されているようなので、若干の改修はその時に行われた可能性はある。
『大系』でも指摘しているが、石積みはその時に補強されたものかもしれない。
また、麓の石塁遺構は中道往還に沿って、かなり規模の大きいものが他の場所にもあるようだ。 武田氏の国境警衛の考え方に興味がわいてくるスケールの大きな遺構だが、青木ヶ原の樹海の中にあり、 気軽に歩いて見ることができないのが難点・・・


行き方国道138号城山先端部の南側に 東海自然歩道の案内板有り。
そこから城山登山道が付いており主郭まで約20分。(案内板有り)
駐車場国道の20m程先に駐車スペース有り 2台
撮影日2006年8月
参考文献『日本城郭大系』8
上野晴朗「信玄の城塞戦略」『甲斐の虎 信玄と武田一族』別冊歴史読本73 新人物往来社 2004年