下曽根氏屋敷

しもそねしやしき




下曽根氏に関しては武田信重の子で、武田信守、奴白基経らの弟にあたる下曽根賢信が文献上の初見である。
その後、下曽根氏は武田氏の親族衆として活躍し、天正10年(1582)以降は徳川氏に仕えている。

<場所>甲府市中道町下曽根
<行き方>甲府南ICより中道町役場方面へ
笛南中学校南側 実際寺
<駐車場>実際寺駐車場 3台
<撮影日>2005年1月
<参考文献>『日本城郭大系』8


【左上】実際寺本堂  下曽根氏の屋敷跡は実際寺の境内となっている。敷地は約100m四方の方形で、 土塁の一部、堀の形跡が確認できる。

【左】南東側土塁
土塁は南側一帯がよく残っている。特に南東隅は高さが2m程ある。

【左上】南西土塁外側  南側土塁の外側には堀があった形跡が残っており、水路も通っている。
【右上】実際寺東側  木が茂っているところが南側土塁で、東側と寺の正面である 北側には土塁は残っていない。西側には一部確認できる。
館東側には右左口、精進を経て駿河と甲府を結ぶ中道往還が通り、交通の要衝に位置する。



城館探訪〜山梨県〜へ戻る