鶴島御前山・栃穴御前山砦
 つるしまごぜんやま・とちあなごぜんやまとりで

上野原市鶴島・四方津



桂川の南岸に位置する二つの御前山は尾根続きとなっており、東側が鶴島御前山、西側が栃穴御前山と呼ばれる。
築城主体や年代等詳細は不明だが、『甲斐国志』には「栃穴御前」の項目で、「山上が平坦で礎石があったが、それを民家の 礎石として使用するため、持ち帰った」と記している。また、麓の鶴島村へ通じる道に「柳沢」という地があり、そこを「木戸」と 称し、門関の跡があったとしている。
鶴島御前山に関しては「御前山」の項目で山頂が平坦で「日向屋敷」と言い、小俣日向守という者の居館という伝承があると している。

【左】北東側 桂川からの眺め  甲斐・相模国境から西へ約2qの所に位置し、桂川の対岸にある 上野原城松留館牧野砦四方津御前山烽火台と 向き合う。

〜鶴島御前山〜

『鶴島御前山要図』


【左上】山頂より東方面  桂川(相模川)下流方面で相模国境方面となる。南岸側ではここが最前線の位置。
【右上】山頂  約10m四方の平坦地があり、西へ続く尾根上に一段低く同じ程度の平坦地が続いている。 遺構らしいものは確認できない。
西へ約120m尾根上を進んだところに、栃穴御前山を見ることができる岩場がある。そこから栃穴方面への道は 一度下っていくため、岩場の上で栃穴方面からの道を監視できる。

【左上】山頂より北方面  上野原城や写真では草で見えなくなっているが松留館を見下ろす。また、鶴川上流にある 大倉砦もはっきり確認できる。
【右上】尾根西側の岩場より栃穴御前山方面  桂川対岸の四方津御前山が見える。写真左奥が大月方面。

〜栃穴御前山〜

『栃穴御前山要図』



【左】主郭
山頂東端に位置し、約10m四方。北側の支尾根方面に虎口状の窪地、南東側鶴島御前山との尾根側には 土塁がある。

【右】主郭より鶴島御前山
両山の間は尾根上を約20分の距離。

【左上】主郭北側 階段状の郭  北側支尾根の郭には一部腰巻状に石積みが確認できる。
【右上】西側、四方津集落より栃穴御前山  背後の尾根が見事に隠れ、円錐状のきれいなシルエットとなる。


〜感想〜
鶴島御前山には明確な遺構は認められなかった。『甲斐国志』のいう「日向屋敷」は『県史』の言われるように麓にあったと思われる。
ただ、栃穴からだけでは国境方面の東側が死角になってしまう。鶴島に物見的な役割を担わせていた可能性は十分ある。

両御前山は上野原地域にある他の城砦群と共に、国境警備や情報伝達の拠点として利用されたものと思われる。それぞれが かなり接近しているため、「御前山」=「烽火台」の考えを持つ『甲斐国志』では「栃穴御前」の項目で、 「こんな近くにいくつもの烽火台を置くことはないだろうから、 何のために用いたのか詳しくはわからない」と書かれている。
『上野原町誌』によると鎌倉街道が桂川南岸にも通っていたようで、街道を押さえる役割もあったと思われる。
おそらく甲斐府中方面へ通じる道がいくつかあり、それぞれに対応して城砦群が配置され、機能を分担していたのではないだろうか。


行き方 県道35号桂川橋を南へ渡ってすぐ右折。集落内の細い道を西へ突き当たりまでいくと墓地があり、
その先に登山道入口がある。(案内板有り)
鶴島御前山まで約30分。そこから栃穴御前山まで約20分。
(鶴島御前山までは登山道が整備されています。そこから先、栃穴までは尾根上に一応道がついています。 鶴島の岩場から
栃穴方面への道が間違えやすいので注意してください。)
駐車場墓地駐車場 1台
撮影日2007年4月
更新日2007年4月13日
参考文献『日本城郭大系』8
山梨県編『山梨県史』資料編7中世4考古資料 山梨県 2004年
上野原町誌編纂委員会編『上野原町誌』上 上野原町 1975年
大日本地誌大系45『甲斐国志』第二巻 雄山閣 1970年
参考サイト