与縄館
よなわやかた

《別名》 与縄城・日影城・平城 都留市与縄



館主について地元の伝承では谷内豊後守の名が伝わっているが、どのような人物なのか定かではない。
土屋政司氏は中津森館と対比して、 朝日川流域を支配下に置いた豪族の居館と推定している。


【左】朝日川対岸より与縄館
朝日川南岸、段丘崖上の平坦地に築かれており、背後には上ノ山が控え、山地が迫っている。
東西両サイドにはミヤマ沢、ミノグチ沢の深い谷が館を周囲から画している。

【左上】郭中心部  「平城」という名称が伝わる平坦地で、その東西両側には堀が確認できる。現在耕作地になっており、 郭内部の状況はまったくわからない。
【右上】平城西側の堀  幅約18mの堀跡と思われる。堀底部も耕作地化されているため、かなり埋められているのではないだろうか。


【左上】平城東側の堀  幅約8mで西側より規模は小さい。
【中上】平城西側の郭と西側の沢  西側の郭も耕作地化されている。車道の左側に沢があり、深い谷を形成している。
【右上】東側の沢  車道の右側が沢で、こちらも深い谷である。東堀と東側の沢との間にも平坦地があるが、朝日川へむかって下る 傾斜がきつく、郭としては機能していなかったと思われる。ただ段丘崖側に帯郭状に削平地がある。


〜感想〜
館南側に現在車道が通り、東西の谷から登ってくることができる。この車道付近に館の南辺を画する堀があったのではと 『大系』『都留市史』ともに推定しているが、逆に道は館から2m程高い位置にある。その背後も山の斜面となっており、 堀の痕跡はまったく無く、東西を画す堀の大きさに見合う堀があったとは思えない。南側には元々堀が無かったと考えた方が 自然なのではないだろうか。
また、館の南西方向に玉川地区に通じる峠道が通っており、秋山方面と 谷村方面を繋いでいる。
南側の防御の薄さとこの道の存在からは谷村に移った後の小山田氏に関係する者の館があったのではないかと感じる。


行き方県道35号与縄橋南側から日影集落へ。 道なりに東へ進み突き当たりを右の山方面へ約200m。
もしくは県道の与縄橋手前約100mの所、南へ入り登り坂になる所のY字路を左へ約200m。
(いずれも1車線舗装道)
駐車場郭南側の車道に駐車スペース有り 1台
撮影日2006年8月
参考文献『日本城郭大系』8
都留市史編纂委員会編『都留市史』資料編 古代・中世・近世1 都留市 1992年
参考サイト城と古戦場