法泉寺
 ほうせんじ

山梨県甲府市和田町



甲府五山のひとつ。
元徳、元弘年間(1329〜34)に信玄より九代前の信武の時代の創建で、信武の位牌所として 武田氏の保護が厚かった。
ここにはその信武の墓と勝頼の墓がある。

【左】鐘楼門
寛永14年(1637)造立の門。(市文化財) 本堂、庫裏、経蔵なども江戸期の建物で、 市文化財となっている。

【上】勝頼の墓
天目山で自害した勝頼の首は京に送られ晒された。 かつて甲斐に住んでいて武田氏との関係があった 妙心寺の住職がその遺骸を引き取って葬儀を営んだ。信玄時代からの法泉寺の住職快岳が、たまたまそこに 来ていて、勝頼の髪と歯を持ち帰ってこの寺に葬った。
目印として山桜を脇に植えたが、この桜はこの付近のものではなく、奈良吉野山の種である。
その後徳川家康が国主になり、快岳に旧武田家臣の取り込みの説得を依頼し成功したため、 家康はここを勝頼の菩提寺として快岳を中興開山としたという。〔現地解説板〕


【左】武田信武の墓
信武は足利尊氏の武将として仕え、信任が厚く尊氏の姪を妻として安芸、若狭を管掌、やがて 甲斐の守護も兼ねた。武田氏中興の祖としてあがめられた。


甲府五山とは・・・京、鎌倉の五山制度に習って信玄が定めた寺院。
もともとはインド、中国の制度で、禅宗の保護と統制の為に格式の高い五寺を定めた事がはじめ。 室町時代にはその下に十刹と諸山が選ばれた。
甲府五山は長禅寺東光寺能成寺、 法泉寺、円光院の五つの臨済宗寺院。


行き方県道6号運動公園入り口信号を北、公園方面へ  野球場を越えたら左へ曲がりさらに北へ200m
駐車場山門手前と左奥 10台
撮影日2003年9月
参考文献秋山敬『武田信玄を歩く』吉川弘文館 2003年