長篠・設楽原の戦い

ながしの・したらがはらのたたかい

1/5ページ


次のページへ→

〜長篠城攻防戦〜



長篠城は信玄が上洛を目指していた頃、武田方に属していた。 しかし2年後の天正元年、信玄死後には徳川家康に よって落とされた。
天正3年(1575)の5月、長篠城奪還を目指す武田勝頼は1万5千の軍勢を率いて長篠城を包囲し、 5月8日から毎日のように攻撃をしかけた。
城将奥平貞昌以下500人の城兵はよく戦って防いだが、14日の総攻撃を受けて残っていたのは 本丸と二の丸だけであった。
織田信長、徳川家康は17日設楽原へ出陣、18日織田軍3万8千、徳川軍8千が設楽原に到着、 布陣し陣地を構築する。
20日武田軍は一部を長篠城の押さえに残し、大部分の軍勢を設楽原へ移動させた。
そして21日、織田・徳川軍と武田軍は激突する。


【左】長篠城付近地図
武田軍は本陣を城北側の医王寺に置き、天神山、大通寺、岩代、有海、篠場野、乗本に布陣して、 包囲網を完成させていった。


長篠城のページへ



【左上・右上】武田勝頼本陣 医王寺  長篠城の北約800mに位置する。医王寺の背後に小高い山 があり、そこが本陣であった。
<駐車場有り 10台>

【左上】医王寺山頂 勝頼本陣の縄張り図  削平地が山頂部にあり、簡単な山城仕様の本陣を築いていたようで 虎口部分はよく残っている。
【右上】本曲輪部分  現在は櫓風の展望台が建っており、長篠城方面を眺めることができる。

【左上】西曲輪より本曲輪虎口部分  こちらから医王寺に下って行く道が搦手道となる。 医王寺の駐車場から右側に行くと大手道の案内板があり、左側の谷からの道が搦手道。
【中上】展望台からの眺め  長篠城とその背後にある乗本の砦群が一望できる。
【右上】駐車場脇にある井戸  山県昌景にゆかりがあるらしいが詳細は不明。


【左上・右上】天神山陣地  本陣のすぐ南の小山で、天満宮がある。
ここには一条信龍、真田信綱・昌輝兄弟、土屋昌次等2千の軍が配置された。
この陣地から長篠城を盛んに攻めた。


【左上・右上】大通寺陣地  長篠城のすぐ北側に位置する。
武田信豊、馬場信房、小山田昌行等2千の軍が配置された。
5月13日 搦手を守る瓢郭を攻め兵糧庫を奪い、翌14日総攻撃。その後は長囲み(兵糧攻め) の構えをとっていた。
<駐車場有り  5台>

【左上】陣地跡  大通寺背後の山頂は削平されている。本陣のような郭、土塁などは確認できなかったが、 かなりの広さがある。
【中上】大通寺盃井  5月19日医王寺本陣で軍議があり、馬場信房等重臣の主張が入れられず、 設楽原出陣が決定。馬場、山県、内藤、土屋の四将は討死を覚悟して、この泉で別れの水杯を交わしたという 伝説が残っている。別れの水杯伝説は
清井田の勝頼戦地本陣地の近くとここの二カ所にある。しかし、 この話には勝頼とその側近の愚かさを誇張しようとした意図が感じられ、水杯を交わしたかどうかは わからないが、「伝説」であろう。
【右上】大通寺盃井の碑  井戸のすぐ上にあり、文政10年建立の碑である。

他の武田軍陣地
岩代陣地  大手口西側  内藤昌豊、小幡信貞等西上野衆 2千
有海(あるみ)村陣地  豊川(寒狭川)対岸  山県昌景、高坂昌澄等  1千
篠場野陣地  豊川(寒狭川)対岸  武田信廉、穴山信君、原昌胤等  千5百
乗本の五砦  宇連川対岸  武田信実、三枝勘解由兄弟等  1千

〜陣地、場所、将士、人数は現地案内板による〜



〜鳥居強右衛門勝商〜

〜とりいすねうえもんかつあき〜

天正3年5月14日、武田軍は総攻撃を仕掛け、落城は目前であった。岡崎の徳川家康に援軍を 頼むための使者として志願した鳥居強右衛門は夜半に野牛門から川に入り、鳴子網を切って豊川を 4q程下り広瀬に上陸。
15日にかんぼう山で脱出成功の狼煙をあげ、岡崎へ約50qの道のりを走った。 岡崎には援軍の織田信長も到着しており、城の危急を告げ援軍を請うた。使命を果たして休養を 勧められたが、彼はすぐに引き返した。
16日の朝、再びかんぼう山で「援軍きたる」の狼煙をあげ、長篠城の対岸まで来たが、そこで武田軍に 捕らえられた。
武田軍から「援軍は来ない城をひらけ、武田軍は厚くもてなす」と呼ばるよう説得されて、二の丸近くに 立った。(この時、城は本丸、二の丸のみ残っていた)しかし、鳥居強右衛門は「援軍はくる。 あと2,3日堅固に守れ」と叫んだので、対岸の篠場野で磔にされた。
強右衛門その時36歳。
18日、織田・徳川軍3万8千は設楽原に到着して陣をしいた。


【左上・右上】広瀬の渡し 鳥居強右衛門上陸地  長篠城から豊川を約4q下った所で、 設楽原の戦いの激戦地であった連吾川、大宮川との合流地点である。

【左上・右上】鳥居強右衛門磔の地  長篠城と豊川を挟んで対岸に位置する篠場野の地。 鳥居強右衛門磔死の碑が立っている。周辺は田園地帯で豊川に沿って林が連なる。

【左上】磔の地から対岸の長篠城本丸方面  碑の場所からは林で対岸が見えない為、川岸へ降りて 対岸の長篠城を見たところ。上は本丸になる。豊川の谷は深く、両側とも約20mはある。
【中上】牛淵橋より豊川方面  飯田線の鉄橋の奥にあたる。
【右上】長篠城本丸より磔の地方面  現在は林で見通しが悪いが当時は見通しはよかったであろう。

【左上】新昌寺  鳥居強右衛門の墓がある寺。飯田線鳥居駅の東側にある。
【中・右上】鳥居強右衛門の墓  新昌寺の奥にあり、かなり立派な墓がある。 地元ではかなりの人気があるのであろう。


この鳥居強右衛門の行動は武田軍の兵、落合左平次にも感銘を与えたようで、彼は鳥居強右衛門の 磔姿を描いた旗を自分の背旗にした。武田氏滅亡後、落合は徳川方につき、その旗の絵は現在も 有名で、長篠城の案内看板にも大きく出ている。一瞬ギョっとするが・・・


次のページへ→

ゆかりの地へ戻る