小坂観音院
 おさかかんのんいん

長野県岡谷市湊



龍光山 観音院(通称 小坂観音院)は諏訪大社 の社坊だったが、中世諏訪氏の祈願所となった。 永正3年(1506)作の十一面観世音を本尊としている。
建造物は江戸時代、2代目藩主諏訪忠澄が寛永21年(1644)に改造、更に4代目忠虎が 正徳5年(1715)に再建した。
作家井上靖の著書『風林火山』では、諏訪頼重の娘「由布姫(ゆぶひめ)」は、信玄の側室となって 勝頼を生み、この観音院で暮らしたが、病のため25歳でこの世を去った、と書かれている。
昭和38年(1963)境内の高台に供養塔が建てられた。〔現地解説板より〕


【左】小坂観音院山門  諏訪湖畔の小高い山にあり、付近は古木が生い茂る。 山門からサワラ並木が続いており、樹齢は400年以上との事。

【左上】表門  山門を入り東側へと回り込むとここに出る。諏訪湖に対面した門で、 対岸には古高島城(茶臼山城) のある諏訪市街が見える。
【右上】境内  諏訪氏によって江戸時代に幾度か改築された本堂がある。

【左上・右上】諏訪御料人供養塔  墓といわれるものは高遠町の 建福寺にある。『風林火山』は実際の歴史とは、 かなりかけ離れたストーリーではあるが、ここも場所的に何らかの関わりはあったかもしれない・・・


【左上】北側 岡谷方面  花岡城が遠くに見える。 また、背後の西側には小坂城が あったが、中央道建設によって消滅してしまった。
【中上】東側 諏訪方面  信玄は死後自らの遺言によって、石棺に納められ観音院沖の諏訪湖に 葬られたという伝承がある。
【右上】南側 茅野方面


行き方茅野方面より県道16号 小坂信号手前を旧道 へ入り北へ 案内板通りに約500m。
観音院の南側約300mに駐車場あり
駐車場5台
撮影日2004年7月