称願寺
しょうがんじ

山梨県笛吹市御坂町上黒駒



古代官道御坂路の水市駅があったといわれる黒駒に位置しており、創建は時宗二世真教(しんきょう)が廻国途中 の正応5年(1292)に甲斐源氏支族の黒駒讃岐守の帰依を得て開いたと伝えられる。
町指定文化財に武田信虎禁制があり、信玄、勝頼も禁制を与えている。


【左】山門


【左】本堂
街道筋の要衝であったため、信玄は天文22年(1553)黒駒郷住人に伝馬役を課しており、 当時鎌倉街道に伝馬制が敷かれていたことがわかる。
詳細は不明だが黒駒氏屋敷もこの付近にあったと思われる。


行き方国道137号道場バス停 案内板を入る
駐車場1台
撮影日2005年5月
参考文献秋山敬『武田信玄を歩く』吉川弘文館 2003年